2017年9月13日水曜日

【アウター編】驚異の機能性と価格。ワークマンの商品発表会レポート。






こんにちは。朝起きたら2歳次男のおむつからうんちが漏れてて大混乱だったファッションアナリスト山田耕史​(@yamada0221)です。

友だち追加←LINEでブログの更新をお知らせします。

<オススメ人気過去記事>
ファッションなんてカンタンです。ダサい服を着なければいいのです。
 
 
シューズやバッグはAmazonで。メリットありまくりです。

  
  




・ウルトラライトダウン殺し、登場



昨日は先日お邪魔したワークマンの商品発表会で感じたことを書きました。


山田耕史のファッションブログ: ワークマンがユニクロを超えるかもしれない3つの理由。

今回は発表会で見た商品をご紹介します。

会場全景撮り忘れました…。



気になる商品がいっぱいあり、ワークマンの中の人に色々説明していただきました。中でも僕が一番良さげだと思ったのが​ 裏面にアルミがプリント​されているシリーズ。

今回発表された秋冬商品のカタログはPDFでダウンロードできるようになっているので、そちらから画像を拝借します。



商品カタログ|作業服・作業用品の大型専門店 株式会社ワークマン

保温力が3倍!中の人いわく、魔法瓶を着ているような暖かさ​だそうです。

実際に僕も試着してみましたが、とにかく暖かいです。そして軽くて薄い。特にこのインナーダウンはかなり使えそうです。



カジュアルはもちろん、ビジネスでも余裕で使えそうなシンプルでベーシックなデザインが素晴らしいです。



マット感のある上品な印象の生地。はっきり言ってユニクロのウルトラライトダウンよりも圧倒的に良い雰囲気の生地だと思います。色もいいですね。



生地の上からアルミをプリントしています。ドーナツのように地の生地が見えているのは、暖かくなりすぎるのを防止する通気口の役割があるそうです。アルミ、どれだけ保温性があるんでしょうか。早く試してみたいです。



ここ数年、冬場はユニクロのレディスのウルトラライドダウンカーディガンをインナーダウンとして使っていましたが、この冬はそれに変化が起きそうです。

実際にこのベストにどれだけ保温力があるかはわかりませんが、ウルトラライトダウンと同等だとしても、ワークマン裏アルミはウルトラライトダウンよりも薄さ、軽さ、そしてデザインで優っているのでウルトラライトダウンは着なくなるでしょうね。

裏アルミシリーズは他にも街着として普通に着られそうなデザインの商品がありました。これも相当よかったですよ。シャツジャケットです。



ウールっぽい生地。普通にセレクトショップに並んでいてもおかしくない商品だと思います。ボタンもいい感じ。



ベスト同様、こちらも作業着っぽさゼロのシルエット。



黒もありました。





ボタンを閉めても開けてもいい感じ。





・「普通に着られる」アウトドア系アウター



他にもアウトドア系アウターはシンプルなデザインの商品が増えているようです。



こちらは既にオンラインストアにもありますね。



商品カテゴリー:ヤッケ|ワークマン オンラインストア

耐水圧 2,000mm、透湿度 3,000g/m24hというよくわかりませんが多分すごいスペック。防水をウリにした商品はたくさんありますが、こうやって数字を出してくれると信頼感が高まりますね。それがなんと2,900円!ポケッタブルなので傘がわりに使えそうです。



こちらもオンラインストアにある商品。





商品カテゴリー:ヤッケ|ワークマン オンラインストア

テフロン加工による撥水機能があり、1,900円。



こちらも普通に着られます。





・感動!デザインと機能の融合



イマイチの画像で申し訳ないのですが、こちらが一番感動した商品です。



先述のカタログに掲載されているので画像を拝借します。



商品カタログ|作業服・作業用品の大型専門店 株式会社ワークマン

最多機能、ということで盛り沢山なのですが、僕が感動したのがこちらの再帰反射プリント。



普段は無地に見えるのですが、光源を反射する生地なんです。スマホのフラッシュを使って撮影するとこんな感じになります。



例えば夜間、車のヘッドライトに照らされると、こうやって光を反射してくれるのです。

僕は会社勤めしていたときは片道1時間かけてロードバイクで通勤していました。6年ほど続けていたなかで特に危ない目にあったことはないのですが、やはり安全には気を遣います。

例えばアウターの色。ファッション的にはアウターの色は黒やネイビー、チャコールあたりが着回しも効くし、汚れが目立たなくていいんですが、夜間は車からの視認性が悪くなるので危険性は高まります。安全意識の高い自転車乗りは反射ベストを着てたりもするんですが、さすがにそれはちょっとなーという感じ。

​​3M 高視認性 反射ベスト:¥ 1,922 (価格は記事執筆時のものです)



なので白やベージュといった比較的明るめの色のアウターを選んで着ていたのですが、この再帰反射プリントがあればアウターの色は黒でもなんでもOK。

これはファッションの悩みをテクノロジーが解決してくれるという、ワークマンならではの商品だと思います。

・服はどんどん便利になる



ただ、残念なのは現在この再帰反射プリントが施された商品はこれひとつだけ。デザインもちょっと残念です。



先述の1,900円や2,900円のシンプルなデザインのジャケットに再帰反射プリントが施されたら是非買いたいですね。

また、再帰反射プリントは自転車乗りだけでなく、夜にランニングや犬の散歩をする人、また小さい子供がいる人も嬉しい機能だと思います。うちには子供が3人いるのですが、これからの季節は保育園から帰宅するときは暗くなってしまいます。送迎は基本的に車か自転車なのであまり道路を歩くことはないのですが、それでもマンションの駐車場など安全性が気になる場所は少なくありません。

なので是非ともワークマンには子供向けアウターやレインコートなんかも作ってほしいですね。

ということで、昨日のブログにも書きましたが是非ともワークマンさんのカジュアルウェアづくりのお手伝いしたいです、としつこくアピールします。

ワークマン商品発表会レポートはご紹介したいことが多すぎて、全部で3回くらいにわけてアップ予定です。お楽しみに。

最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションに関する質問を募集しています。​
山田耕史のファッションブログ:質問フォーム


ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。
友だち追加←LINEでブログの更新をお知らせします。
この記事を書いた人
山田耕史 Instagram Twitter

詳しいプロフィールはこちら