2017年6月21日水曜日

【雨対策】シンプルでちょうどいいデザインのゴアテックススニーカー、革靴、ブーツまとめ。【Amazon】






こんにちは。今日は久し振りに夜外出するファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。Twitterが発端となった90年代ファッション雑談会です。近日某ウェブメディアで掲載予定なのでお楽しみに。僕もとても楽しみです。
​​
友だち追加←LINEでブログの更新をお知らせします。(試験運用中)

<オススメ人気過去記事>
シューズやバッグはAmazonで。メリットありまくりです。
1:山田耕史のファッションブログ:Amazonで服を買うことの圧倒的なメリット。
2:山田耕史のファッションブログ:返品無料だからAmazonで買うべき「絶対に間違いない」スニーカー、ブーツ、革靴まとめ(全26種)
3:山田耕史のファッションブログ:Amazonで買うべき「絶対に間違いない」リュックサックまとめ(全16種)
4:山田耕史のファッションブログ:機能的&高コスパ&省スペース。アウトドアブランドのビジネスバッグ23選。
ファッションなんてカンタンです。格好良い服を着るのではなく、ダサい服を着なければいいのです。
1:山田耕史のファッションブログ:太っていようがブサイクだろうがオシャレになれる方法。
2:山田耕史のファッションブログ:オシャレになるのに一番カンタンな方法はトレンドデザインの服を着ないこと。
3:山田耕史のファッションブログ:世の中のほとんどの人がダサい服を着ている。



今週から梅雨本格化、という感じですね。

我が家の近くの川が干上がっていたので、この雨で潤ってくれればと思います。

山田耕史|ファッション・育児・ロードバイクさん(@yamada0221)がシェアした投稿 -


  梅雨に入ると心配になるのが足元。以前の記事で、今年はゴム素材の雨靴を買おうと思っている事を書きましたが(Amazonで買えるオシャレな雨靴(長靴・レインシューズ)まとめ。)、ゴム素材の靴は蒸れが大変、という意見もあります。

防水性が高い素材と言えば真っ先に挙がるのがゴアテックス。ゴアテックスのサイトでその特性について紹介されていたので引用してみましょう。







GORE-TEX® メンブレン | GORE-TEX®

と、こんな感じで雨靴にはぴったりの素材ですが、今までゴアテックスが採用されていた靴はアウトドアシューズが中心でした。例えばこんな感じの。

​MERRELL:​¥ 13,509 - ¥ 17,064​​(返品無料!)
(価格、返品条件は記事執筆時のものです)




機能性は高いのかもしれませんが、本格派アウトドアファッション以外は馴染みそうにないデザイン。

なので僕は防水仕様のコンバースオールスターを愛用していたのですが、

​​ ​​CONVERSE:¥ 8,100 (価格は記事執筆時のものです)



最近はベーシックでシンプルなデザインのゴアテックスシューズが増えて来ているのでご紹介します。

最近注目しているアサヒ。子供の頃体育館シューズなんかでよく見かけた、あのアサヒです。



【アサヒシューズ株式会社】健康・快適・信頼のアサヒシューズ

アサヒのWALKLANDというブランドが、シンプルなゴアテックスシューズを出しているのです。特に僕が「おお!」と思ったのがこちら。

WALKLAND:​¥ 15,780 - ¥ 16,200​​(返品無料!)
(価格、返品条件は記事執筆時のものです)




本当にシンプルベーシックなデザイン。これならどんなファッションにもマッチするでしょう。特に↑のブラックと↓のホワイトは良い感じ。ゴアテックスのタグが無ければ完璧でしたが…まぁこれくらいは許容範囲ですね。

​WALKLAND:​¥ 15,780 - ¥ 16,200​​(返品無料!)
(価格、返品条件は記事執筆時のものです)




レッドとブルーも割と汎用性が高そうな色合いです。

​WALKLAND:​¥ 15,780 - ¥ 16,200​​(返品無料!)
(価格、返品条件は記事執筆時のものです)




​WALKLAND:​¥ 15,780 - ¥ 16,200​​​​(返品無料!)
(価格、返品条件は記事執筆時のものです)




他にもベルクロタイプや

​WALKLAND:​¥ 16,200​​(返品無料!)
(価格、返品条件は記事執筆時のものです)




ハイカットタイプもあり、どれも良いデザインです。しかも日本製でゴアテックスシューズとしては底値に近い低価格。オススメです。

​WALKLAND:​ ¥ 13,691 - ¥ 14,040​​(返品無料!)
(価格、返品条件は記事執筆時のものです)




シンプルベーシックなデザインのゴアテックスシューズと言えば、定番のアディダススタンスミスもあるんですが、ちょっとお高いんですよね。

​adidas:​¥ 27,600​​(返品無料!)
(価格、返品条件は記事執筆時のものです)




こちらは履き心地最強のアシックスタイガーのゴアテックスシューズ。ちょっとデザインがごちゃごちゃしているので合わせる服は選びそうです。

​​asics:¥ 15,120(価格は記事執筆時のものです)



こちらも履き心地に定評のあるニューバランスのゴアテックスシューズ。これは僕も履いた経験があります。

​​new balance:¥ 19,100 (価格は記事執筆時のものです)



上掲のメレルのように、いかにもアウトドア!という感じが薄いのがノースフェイス。

​​THE NORTH FACE:¥ 19,440 - ¥ 25,897 (価格は記事執筆時のものです)



​​THE NORTH FACE:¥ 17,800 - ¥ 30,240(価格は記事執筆時のものです)



ここからはレザーシューズです。冠婚葬祭まで対応出来る、万能のストレートチップシューズにもゴアテックスはあります。日本の老舗、マドラスとリーガル。ベーシックデザインなのでいつまでも履けるでしょう。

​madras:​¥ 20,635 - ¥ 31,854​​(返品無料!)
(価格、返品条件は記事執筆時のものです)




​ ​​REGAL: ¥ 34,800 - ¥ 36,000 (価格は記事執筆時のものです)



リーガルはブーツも。ハイカットなら強い雨の日でも安心ですね。

​ ​​REGAL:¥ 24,192 (価格は記事執筆時のものです)



​ ​​REGAL:¥ 24,192(価格は記事執筆時のものです)


コンバースオールスター並に汎用性の高いクラークスのデザートブーツにもゴアテックスはあります。ちょっとカジュアルな業界ならこれでビジネス対応も出来そうですね。

​Clarks:​¥ 29,160​​(返品無料!)
(価格、返品条件は記事執筆時のものです)




これもビジネス対応できそうです。

​​Clarks:¥ 26,244 - ¥ 29,160(価格は記事執筆時のものです)



ゴム素材やゴアテックスなど色々ありますが、ベーシックなデザインのシューズが増えているのは嬉しいですね。これからももっともっと、選択肢が増えてくれればと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。
友だち追加←LINEでブログの更新をお知らせします。(試験運用中)
この記事を書いた人
山田耕史 Instagram Twitter

詳しいプロフィールはこちら