GUのミリタリーアウターのコスパが尋常ではない件。

【このエントリのポイント】GUのM−65とモッズコートがかなりお薦め。

こんにちは。駅そば好きのファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。今日食べたのは新宿の箱根そば本陣。美味かったです。


・GUの高コスパアウター


ファッション業界人、業界志望者なら絶対にチェックしているであろう南充浩さんのブログで先日GUのM−65のコストパフォーマンスの高さが紹介されていました。
私は今、ちょっと小寒くなって来た日に羽織るアウターを鋭意探しており、
山田耕史のファッションブログ: ちょっと小寒くなって来た日に何を羽織るか選手権2016!(ユニクロ編)
山田耕史のファッションブログ: ちょっと小寒くなって来た日に何を羽織るか選手権2016!(私物編)
GUも先日チェックしたはずだったのですが、M−65を見た記憶がありませんでした。そんな良アウターがあるなら見に行かねば!と今日ビックロのGUを再訪。メンズコーナーを一回りしても見つからなかったのですが、二回目じっくりと見回っていると見つかりました。値下げしているので売れ行きは良くないのでしょう。あまり目立たない場所に置かれていたのです。
GU(GU)M-65ジャケット - GU ジーユー



実際商品を触って、着てみるとそのクオリティの高さにびっくり。南さんも指摘されているように、裏地も付いていますし、ECの画像で確認できるように前立てや袖口、フードなどののディティールもしっかりしています。デザインはシンプルにアレンジされており、タウンウェアとしてスマートに着用出来るでしょう。









素材も安っぽくはなく、これが2,990円(2016/10/6現在)で手に入るのは驚きです。
その後、私が発見したのがこちらのアイテム。



大型店舗限定販売のモッズコートです。
GU(GU)モッズコート - GU ジーユー



こちらもM−65に負けず劣らずのコストパフォーマンスの高さ。ディティールも良好。







裏地無しの一枚仕立てですが、素材はしっかりしており冬場でも中にインナーダウンを着れば充分暖かそうです。こちらはまだ発売されたばかりなのか、値下げはされておらず定価の4,990円で販売されていました。が、4,990円でも充分元が取れておつりが来るコストパフォーマンスだと思います。因みにM−65、モッズコートともに私(175cm65kg)でサイズはMが丁度いい感じでした。ご参考までに。


・カラー選びの鉄則


ミリタリーアウターは比較的どんなファッションテイストともマッチする、守備範囲の広いアイテムですがより高い汎用性を求める場合はカラー選びに注意が必要です。ミリタリーアウターではまずラインナップに挙がるカーキはカラーとしてミリタリーテイストが強いのであまりお薦めできません。ブラック、或いはネイビーが良いでしょう。ミリタリーアウターに限らず、メンズファッションではクールだったり格好良く見られたい場合はブラックを、





クレバーだったり育ちが良さそう、優しそうに見られたい場合はネイビーを選ぶのが良いと思います。





・で、購入したかと言うと…


ただ、私はこれらのアイテムを購入するには至りませんでした。思えばGUではジョガーパンツなどのボトムスやニット帽などの小物は購入したことがありますが、トップスやアウターは未だ購入したことはありません。トップスやアウターはコーディネートの主役となるアイテム。私としては今のGUのアイテムはいくらコストパフォーマンスが高いとはいえ、主役を任せられるクオリティではないと感じています。また、今回ご紹介したアイテム以外では、確かに値段は安いけれど、これはちょっと着られないな…と感じてしまうアイテムもまだ多数あります。ですが、GUの進化はまだまだこれからも続くでしょう。クオリティも高くなる筈です。そうなると、今はファッション性の高さやクオリティで売っているセレクトショップなんかもうかうかしていられないでしょうね。

うーん、でもやっぱりモッズコートは値下げしてたら買ってしまうかも…。


最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。



このエントリを書いた人
山田耕史 Instagram Twitter

詳しいプロフィールはこちら