2017年2月7日火曜日

ユニクロのスリムフィットノータックチノは世界一コスパが高いパンツだと思う理由。






​こんにちは。 そば茶にはまっているファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。

友だち追加←LINEでブログの更新をお知らせします。(試験運用中)

<山田耕史のファッションブログ オススメ人気過去記事>
ファッションなんてカンタンです。格好良い服を着るのではなく、ダサい服を着なければいいのです。
  
  


シューズやバッグはAmazonで。メリットありまくりです。

  


   




以前当ブログでユニクロのヴィンテージレギュラーフィットチノをオススメしました。(山田耕史のファッションブログ: ユニクロのヴィンテージレギュラーフィットチノを大推薦する理由。

ヴィンテージチノパンツはカジュアルな印象なのでキレイ目が好きな人やビジネスで使いたい人にはオススメできません。

ですが、ユニクロにはもうひとつ、神パンツと呼んでもよいレベルのパンツがあります。

それがこちら。スリムフィットノータックチノです。




ユニクロ|スリムフィットノータックチノ

この商品は普段着からビジネスまで、どんなシーンでも着られて楽チンな神パンツです。

まず、特徴はシルエット。適度に細身なのでキレイ目な印象です。




細いパンツというとスキニーパンツも挙がりますが、スキニーパンツはスキニーはやせこけた、という言葉の意味通り(skinnyの意味 - 英和辞典 Weblio辞書)、かなり細いシルエットなので足のカタチに自信がある人でないとオススメできません。また、カジュアルな印象なのでビジネスシーンには向きません。

スリムフィットノータックチノは適度に細身なのでビジネスシーンでも使えます。もちろんカジュアルにも着られます。例えばブラックを選べばライダースジャケットやミリタリーアウターといったカジュアルなコーディネートにもマッチします。10代から70代まで、どんな年齢の人にも、どんなファッションが好きな人にもオススメできる商品です。

また、細かい話になりますがシルエットだけでなくちょっとしたディティールで商品全体のカジュアル←→キレイ目の度合いが違ってきます。ウェスト部分をヴィンテージレギュラーフィットチノと並べてみました。(ヴィンテージレギュラーフィットチノは僕が5年以上履き込んでダメージがあります。ご了承ください。)


ベルトループの仕様が違うのがわかると思います。ヴィンテージレギュラーフィットチノは縫い目が見えていますが、スリムフィットノータックチノのほうが縫い目が見えないシンプルな仕様になっています。

また、よくみるとポケットの角度なんかも違いますね。このような細かいディティールの積み重ねがアイテム全体の印象を大きく左右します。


スリムフィットノータックチノのもうひとつの特徴が生地です。

ユニクロは東レとパートナーシップを組んで生地の開発にかなり力を入れています。


生地開発に対しては並みの企業では太刀打ちできない、というかおそらく世界で1、2を争うレベルの投資を行っているでしょう。それだけの投資をもとにつくられた生地のクオリティはもちろん世界トップレベル。コストパフォーマンスでは圧倒的に世界一だと思います。このクオリティのパンツを2,990円(セールになると1,900円!)でつくることができる企業は世界中でユニクロ以外にないでしょう。

スリムフィットノータックチノの生地の最大の特徴が高いストレッチ性です。オンラインストアの説明文によると「伸長率20%・伸長回復率65%」というスペックだそうです。



とにかく履いていてとても楽です。僕が知るビジネスでも穿ける低価格パンツでもっとも楽なのがユニクロのスリムフィットノータックチノです。



実際に画像で見てみましょう。このようにテーラードジャケットとの相性は抜群。




もちろんカジュアルにも穿けます。カジュアルな印象の古着のワークジャケットにもマッチします。




このように、まさに神パンツと呼べるスリムフィットノータックチノですが、僕個人的にはマイナス点がひとつだけあります。それは先述のストレッチ素材。詳しくは以前書いた記事(​山田耕史のファッションブログ: 私がストレッチ素材の服を(あまり)買わない理由。)をご覧いただきたいのですが、ポリウレタンを含むストレッチ素材は劣化するので買ったときが最高の状態。ジーパンなんかでよく言われる「アジ」という経年変化がない商品なのです。


とはいえ高いクオリティの素材と縫製なので何年穿いてもなかなかくたびれないと思いますし、定価の2,990円のモトは絶対に取れるでしょう。

どんなファッションにもどんな年齢の人にもマッチし、高い機能性があるユニクロのスリムフィットノータックチノは世界一コスパが高いパンツだと思います。

…が。僕がこのパンツは殆ど穿く事はありません。

今僕はフリーランスで基本的に自宅で仕事をしているので、改まった格好をする必要が無いというのが一番の理由ですが、もうひとつ大きながあります。

それが、これ。

​GUNZE レギンスパンツ TucheHOMME:​¥ 1,780 - ¥ 2,700​​(返品無料!)(価格、返品条件は記事執筆時のものです)



詳しくは過去記事(山田耕史のファッションブログ: 軽くて伸びてオシャレ。GUNZEのレギンスパンツの万能っぷりが凄い。をご覧いただきたいのですが、
・ユニクロのパンツなど足元にも及ばない快適過ぎる圧倒的なストレッチ性
・誰でもスタイルが良く見える細すぎない絶妙なシルエット
・ジョギングなどの運動も余裕でこなせる軽さ
・どんなファッションにもマッチする汎用性
他にもメリットがあり過ぎる最強パンツで、ジャーナリストの佐々木俊尚さんも「けっこういい」と太鼓判を押されています。

是非↑の記事で詳細を見てみて下さい。​

最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。
この記事を書いた人
山田耕史 Instagram Twitter

詳しいプロフィールはこちら