2017年11月21日火曜日

Blundstone#558レビュー。高い汎用性と機能性で最強の保育園送迎ブーツになるか?【最終更新17/11/21】






こんにちは。久し振りの高額の買い物に震えたファッションアナリスト山田耕史​(@yamada0221)です。

友だち追加←LINE@でブログの更新をお知らせします。

<オススメ人気過去記事>
ファッションなんてカンタンです。ダサい服を着なければいいのです。
 
 
シューズやバッグはAmazonで。メリットありまくりです。

  
  




(執筆:2017/11/1最終更新: 2017/11/21)


目次

「求む、最強の保育園送迎靴」​


僕が日常で最も大事にしているのは3人の子供との時間で、保育園の送迎もたいてい僕が担当しています。

今は5歳長女と2歳次男を送迎しているのですが、​ ​送迎のときに面倒なのが、靴の着脱です。基本的にふたりとも自分で歩いてくれるのですが、機嫌が悪かったり、雨が降っていたりすると2歳次男を抱いて靴の着脱をすることも少なくなりません。

夏場はずっとモンベルのビーチサンダルを履いているので楽なんですが、さすがに最近のように寒くなってくると、ビーチサンダルは厳しくなってきました。




山田耕史のファッションブログ: 【2,700円】モンベルのサンダルのファッション性と機能性の高さが凄い。【安い】 

送迎対策として、僕は手持ちの靴の多くを​「伸びる靴紐」に交換しています。スニーカー用の伸びる靴紐は100円均一ショップ、セリアで売っています。


山田耕史のファッションブログ: セリアで108円。スニーカーが100倍履きやすくなる伸びる靴紐。


コールハーンを格安で手に入れて、革靴の良さを知って以来革靴を履く機会も増えました。革靴用の伸びる靴紐は100円均一ショップには売っていないのでAmazonで購入してます。


山田耕史のファッションブログ: 革靴の脱ぎ履きが劇的にラクに!伸びる靴紐は玄関でのムダ時間をゼロにします。



ですが、さすがにウイングチップシューズは普段履きにするのは違和感があります。ですが、最近はスニーカーよりも革靴が気分なので、​楽に着脱できる革靴を探していました。そのことをツイッターでつぶやいてみると、座談会メンバーである横浜仲町台の洋品店Euphonicaの井本さんからこんなご提案をいただきました。



座談会で楽しく激論を交わしながらも、まだお店にお邪魔したことがなかったので、昨日初めてお邪魔しました。




「Blundstoneはコムデギャルソンと合うのか?」​


ご提案いただいたBlundstoneについては事前にある程度は調べていました。もちろんEuphonicaのオンラインストアやブログにも丁寧な解説がされています。


Blundstone ブランドストーン/ #550 | ACCESSORIES


タスマニア物語 ~ Blundstone #550 – Euphonica blog – 高慢と偏見

ちょっと心配していたのは、僕の手持ちの服との相性です。Blundstoneはかなり​ ​骨太なワークっぽいデザイン





​モード色の強いコムデギャルソンに合うかどうかが気がかりでした。

なので20年近く愛用している僕の秋冬の定番アウターであるコムデギャルソンオムプリュスのジャケットを着て、お店に行きました。で、Blundstoneを履いて一眼レフ自撮り。ちょっとわかりづらいですが、相性は全く問題ありませんでした。パンツはグンゼレギンスパンツです。



こんな感じの丸っこいブーツを履くのは初めてでしたが、すんなり馴染みました。





※2017/11/7 追記

先日ユニクロGUリサーチのときに初めて街に履いて行きました。トップス、ボトムスともにイネスコレクション。ギャルソンとは全く違った、トラッドっぽいコーディネートです。

山田耕史のファッションブログ: 気軽に上品。ユニクロ「イネスコレクション」スリムフィットコットンパンツ超詳細レビュー。

Blundstoneもイネスコレクションのシャツとパンツも
全てベーシックデザインなので、コーディネートはまとまりますね。

いつもはコールハーンやムーンスターを合わせていますが、それらよりもかなり男っぽい印象になります。



僕はコンバースオールスターやニューバランスなどは26.5cmを履いているのですが、Blundstoneはサイズ6がジャストでした。

箱もいい感じです。



もちろん購入決定。



「工業製品としてのブーツ​」



お店では井本さんとゆっくりとお話していたのですが、そのなかにBlundstoneの面白いお話がありました。

Blundstoneはファッション向けではなく、ガチの作業用ブーツなので、使われている革も工業製品的な視点で選ばれている​そうです。つまり、ファッション的な視点ではないので、見た目の美しさよりも丈夫かどうかという基準で革が選ばれているとのこと。こういう話ってなんかテンション上がりますよね。



BLUNDSTONE® ブランドストーン日本公式ブランドサイト

同じ商品でも、ファッション的視点の革の質が年によって違うそうです。ちなみに今年のBlundstoneの革はアタリだそうです。Euphonicaのブログに掲載されている井本さんの私物のような、いい感じのアジが出てくることを期待しています。

「汎用性のあるデザイン」​


さて、デザインを見ていきましょう。

ブログ用に撮影しなければいけないことを忘れて、今朝早速保育園の送迎に履いていってしまいました。一応雑巾で拭いたのですが、ちょっと汚れがある点はご容赦ください。

丸みのあるフォルムです。


先述のように、コムデギャルソンのようなモード系にもマッチしますが、一番相性が良いのはカジュアルでしょうね。とにかく​ 汎用性の高いデザイン​だと思います。

側面外側。ヒール部分にブランドネームがあります。



側面内側。僕はサイドゴアブーツを履くのは初めてなんですが、ゴムの交換は一箇所だいたい2,000円〜5,000円くらいでできるようです。





ライニングは強度の高い本革です。



Blundstoneには今回購入した品番#558(#550の黒が#558となります)よりも廉価な#500があります。こちらはライニングが本革ではなく、お値段の差以上に履き心地の差があるそうです。

​​Blundstone BS500050:¥ 21,391(価格は記事執筆時のものです)






※2017/11/7 追記

某セレクトショップで#500を発見したので、ライニングを見てみると、不織布のような素材でした。履き始めの現状では特に問題はなさそうですが、ライニングは着脱時に摩擦があって負担がかかるので、不織布的素材だとすぐにボロボロになってしまいそうです。なので、ちょっとお高いですが、#558を選んで正解だったなと思います。




デザインのポイントにもなっているプルストラップ。シックで良いデザインだと思います。





この切替は強度アップが目的でしょうか。



「長靴兼用も可能な全天候型!」


こうやって見ると、ブーツと長靴の中間、って感じのデザインですね。



そう、この靴は​ ​防水性も高いのです。油分を多く含んでいる革なうえに、靴底の縫い目から浸水しない製法なんだそうです。

僕はずっと、雨の日用に防水仕様のコンバースオールスターを愛用していました。


山田耕史のファッションブログ: 大手GMSがユニクロに対抗出来る唯一(?)の方法。

ですが、最近は防水力が落ちて浸水するようになったので、
Blundstoneに雨の日用の長靴としても活躍してもらおうと思っています。

「ブーツっぽさゼロの履き心地​」


クッション性があるソール。#558ではサーモウレタン素材が使われており、耐久性がかなり高いそうです。



Euphonicaのブログをはじめ、Blundstoneのソールは交換不可と書いているところが多いのですが、ググッてみると交換している事例を見つけました。


クツショウテン 岡町店

うーん、どうなんでしょ。本来はできないけれど、無理やり交換したって感じでしょうか。交換したら防水性は失われそうな気がしますね。

井本さんによると、このソールは摩耗しにくいそうです。もし交換できなくても、このソールならシューズドクターで補修できそうなので、交換する必要はなさそうです。


山田耕史のファッションブログ: シューズドクターですり減ったスニーカーのソールを補修してみた。

​​セメダイン 靴用補修剤 シューズドクターN ブラック 20ml ブリスター HC-006:¥ 431(価格は記事執筆時のものです)



先程これを履いて、0歳次男の寝かし付けに河原を散歩してきました。​ ​スニーカーのような履き心地で、一般的なブーツのような固さは全くありません



ですが、​ブーツの安心感も兼ね備えています。河原には大きめの石が敷き詰められていて、ビーチサンダルや普通のスニーカーだと歩くのに難儀するところもあるのですが、全く問題ありませんでした。




アウトドアでもかなり活躍してくれそうです。

アウトソールには衝撃吸収素材が。



#558にはインソールにも衝撃吸収素材がついています。







ブランドサイトにも詳しい解説があるのでこちらもどうぞ。


BLUNDSTONE® ブランドストーン日本公式ブランドサイト

ちなみにベトナム製でした。






※2017/11/7 追記


週末に公園に履いて行きました。



普段公園にはムーンスターを履いて行くことが多いのですが、同じ状況でBlundstoneを履くと、同じ靴でも性格が全く違うことがわかりました。

考えてみれば、僕にとってこのBlundstoneは高校の時に履いていたホーキンス以来、約20年ぶりに履くワークブーツ。ワークブーツの代表格であるレッドウィングなどは試着レベルでしか履いたことがありません。

今回気付いたのが、ワークブーツは足を保護するための靴であるということ。

スニーカーは足に自由にする靴ですが、ワークブーツは外部からの衝撃に対し、足を守ってくれていることを強く感じます。

といっても、Blundstoneは堅牢さだけがウリな訳ではありません。

最近、5歳長女が公園で気に入っている遊びが自転車。



この自転車に小走りでついていくことが僕の役目なんですが、Blundstoneを履いていても充分についていけました。さすがにこれを履いてジョギングをしようとは思いませんが、軽く走る程度なら運動性、クッション性ともに全く問題ありません


 

「で、着脱はしやすいのか?​」


このように、かなり魅力のあるブーツですが、僕が一番求めていたのは着脱のしやすさ。先述の通り、今朝保育園に履いていきました。

が。

考えてみれば当たり前ですが、​新品なのでサイドのゴムもまだ固く、着脱にはかなり手間取ってしまいました。家で履くときも靴べらを使う始末。

井本さんによるとすぐに馴染むとのこと。それまではちょっと我慢ですね。


ある程度馴染んでから、また再度レビューを書こうと思っています。そのときは経年変化でアジが出ていることも期待したいですね。



※2017/11/7 追記

1週間ほどの着用ですが、少しずつ着脱はしやすくなってきました。靴べらは必要なくなりました。ですが、まだまだスムーズとは言いづらいですね。今後変化があれば随時更新します。



「Blundstone商品ラインナップ​」

と、こんなに魅力的なBlundstone。関東近郊にお住まいのかたは、店主との靴談義も楽しめる横浜仲町台のEuphonicaでの購入をオススメします。


Euphonica ユーフォニカ 【EELProducts,niuhans,CURLY等アパレル通販】

でも、横浜はちょっと遠いなーって方はAmazonでどうぞ。


​Blundstone BS558089:​¥ 21,505 - ¥ 41,170​​(返品無料!)(価格、返品条件は記事執筆時のものです)


こちらは#550。#558と同じスペックの色違いです。

​Blundstone BS550292:​¥ 23,600 - ¥ 60,454​​(返品無料!)(価格、返品条件は記事執筆時のものです)



他にも数多くのモデル、カラーがあります。

​Blundstone BS508888:​¥ 19,479 - ¥ 28,521​​(返品無料!)(価格、返品条件は記事執筆時のものです)



​Blundstone BS584267:​¥ 24,840 - ¥ 49,784​​(返品無料!)(価格、返品条件は記事執筆時のものです)



​Blundstone BS064680:​¥ 24,212 - ¥ 51,875​​(返品無料!)(価格、返品条件は記事執筆時のものです)



​Blundstone BS1456223:​¥ 19,118 - ¥ 38,142​​(返品無料!)(価格、返品条件は記事執筆時のものです)



​Blundstone BS1457589:​¥ 12,877 - ¥ 24,840​​(返品無料!)(価格、返品条件は記事執筆時のものです)



​Blundstone 1466009:​¥ 27,824 - ¥ 31,492​​(返品無料!)(価格、返品条件は記事執筆時のものです)



​​Blundstone BS800418:¥ 18,662 - ¥ 31,104 (価格は記事執筆時のものです)




Euphonicaで購入すると、靴マニアの店主井本さんが靴を磨いてくれます。​ こういうサービスはリアル店舗ならでは​ですね。嬉しいです。



こちらが磨き終わりの写真です。先程の画像と比べると明らかに艶が出ていますね。さすが、プロの仕事。



メンテナンスに関してはEuphonicaのブログで詳しく解説されています。必要なグッズも紹介されているので、是非ご覧下さい。


この部屋でぼくはブーツのラインを眺めるだけ ~ Blundstoneのエイジングについて – Euphonica blog – 高慢と偏見









「日々のお手入れ」


※2017/11/21追記

日々のお手入れ方法について。

Blundstoneを購入してから、基本的に毎日履いています。ですが、僕は基本的に在宅で仕事をしているので、毎日履くといっても朝晩の保育園の送迎の時間くらい。1日中履くのは金曜日のリサーチと週末だけです。

ですが、汚れたりしたらブラッシングでこまめに汚れは取るようにしています。

休日に1日中公園で遊んだあとのBlundstone。



かなり土ぼこりがついています。







僕は基本的に家に帰ってきて、玄関で靴を脱いですぐブラッシングするようにしています。理由は後回しにすると面倒くさくなって結局やらなくなってしまうから。ブラッシングは2,3分あれば余裕で終わるので、帰宅したタイミングでするのがベストかなと思っています。

使っているブラシは以前からご紹介しているこちら。

​AngLink 100%天然馬毛ブラシ アメリカケヤキ採用:​¥ 999​​(返品無料!)(価格、返品条件は記事執筆時のものです)



ブラッシングで特にこれといって気にしていることはありません。ラフにゴシゴシやっています。こちらがアフター。









こちら↓によると、革はブラッシングすることで、奥にある油分が表面に呼び起こされるそうです。

[1202-201603] ネットで革靴のお手入れ方法を調べていて陥りがちなパターンについて考えてみます。ブラシだけで充分です。 | Life Style Image

他にも革靴のメンテナンス方法を調べてみると、日々のブラッシングを薦めているところがほとんどなので、僕も毎日のブラッシングをベースにメンテナンスしていくつもりです。





※2017/11/14 追記


先日保育園の送りを終えて靴を履こうとすると、誰かに足跡をがっつり付けられていました。




保育園あるあるですね。こういうことが頻繁にあることがラフに扱っても大丈夫なBlundstoneを選んだ理由の1つです。



購入して約2週間。初めてメンテナンスしてみます。


以前コールハーンを購入したときに色々調べて、自分が納得できて一番面倒くさくない方法でメンテナンスしています。


山田耕史のファッションブログ: 8,640円の中古コールハーンを買ったので、革靴のメンテナンス方法を調べて試してみました。
革靴のメンテナンス方法は探せばいくらでも見つかりますが、そのなかの最小公倍数的な感じです。シュークリームをつけて拭くだけ。僕が使っているのは定番中の定番のこちら。


​M.MOWBRAY シュークリームジャー 20241:​¥ 972​​(返品無料!)(価格、返品条件は記事執筆時のものです)






使う道具はこれだけです。



汚れてますね。



まずはブラッシング。



あらかたの汚れは落ちました。



5歳長女の穴の空いたレギンスをウェス代わりに



シュークリームを塗っていきます。



こんな感じで。


塗り終わりました。


で、さきほどのブラシで磨いていきます。


終了。


こうやってキレイにしても、すぐに汚れてしまうんですけどね。こうやって靴に栄養分を与えることで、徐々に良いアジになってくれたらいいなと思っています。

今後もメンテナンスのレビューは随時更新するのでお楽しみに。





最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションに関する質問を募集しています。​
山田耕史のファッションブログ:質問フォーム


ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。
友だち追加←LINE@でブログの更新をお知らせします。

この記事を書いた人
山田耕史 Instagram Twitter

詳しいプロフィールはこちら