2016年3月29日火曜日

ファッション初心者と上級者の違い。



【このエントリのポイント】初心者は自分の着たいファッションを、上級者は自分に似合うファッションを着ている。

こんにちは。

養命酒を飲み始めた

ファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。



・暇があれば考えていること




最近は暇があれば「人はどんな目的で服を着るのか?」

「ファッショナブルになるためには何が必要なのか?」

なんてことを色々考えています。

そんな話を人としていたら、ひとつ思いついたことがありました。

それはファッション初心者とファッション上級者の違い。

私は以前の仕事で毎月300人以上のストリートスナップを分析したりと

初心者から上級者まで様々なタイプの人のファッションを見てきました。

ファッション初心者と上級者の間には明らかな溝があると思っていたのですが、

それがなにかがよくわかりませんでした。

(ちなみにここでのファッション上級者はアパレル企業企画系や

一部販売員など、「この人明らかに素人ではないな」感が

プンプンする人を差しています)

・抽象的な違い


その時の会話でも具体的には判明しませんでしたが、

抽象的にはなんとか説明がつくようになりました。

それは。

初心者は自分が着たいファッションを着ている

上級者は自分に似合うファッションを着ている

ということ。

初心者は自分が着たいファッションを優先してしまいます。

着たいファッションと似合うファッションは違うことが多いので

どうしても初心者のファッションにはちぐはぐな部分がたくさんみられます。

それに対し、上級者は自分にどんなファッションが似合うかを知っているので

パッと 見た時のまとまり感があります。

・上級者に至る道


では、上級者がどうやって自分に似合うファッションを見つけたのでしょうか。

その答えはまだ出ていません。

糸口的なのは見えている気がするんですが。

近いうちにこの謎を解明し、

仕組みやテクノロジーの力で誰もが

ファッションを楽しめるようになれれば、と思っています。


最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも随時呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。





このエントリを書いた人
山田耕史 詳しいプロフィールはこちら


 

2016年3月16日水曜日

新大学生にオススメのバックパック2016年度版。



【このエントリのポイント】シンプルデザイン、カラーはブラックがバックパック選びの鉄則

こんにちは。

大学入学当時はマンハッタンパッセージのナイロンブリーフケースを持っていた気がする

ファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。



・定番のデイパック



春ですね。今日はまだ寒いですが。

「新入生にオススメの○○」のようなファッション系コンテンツを

ぼちぼち見かけるようになってきました。

今日は当ブログでも久し振りにそんな感じのエントリを書いてみます。

ちなみに1年前にも同じようなエントリを書いています。

山田耕史のファッションブログ: 新大学生にお薦めのバッグと失敗しない買い物の鉄則。

当時はデイパック人気が全盛でしたね。

2016年の今、街中では去年ほどデイパックを見かけなくなった気がします。

デイパックはベーシックなデザインで比較的幅広いファッションにマッチするので

私はトレンドに関係なくお薦めしたいアイテム。

ド定番のOUTDOOR PRODUCTSはその低価格さゆえにカブリが心配ですが、

ド定番アイテムだから別にカブリを気にしなくても良いかなーと思ったりもします。



バックパックで最近よく見かけるのはFREDRIK PACKERSですね。



実際はどうだかわかりませんが、

持っていたらまぁオシャレだねーと言われそうな雰囲気はあると思います。

・最近人気のスクウェアタイプ


ここ2年くらいで増えたのがノートPCを入れることを想定した

スクウェアシルエットのバックパック。

以前自分のバックパック選びの道程を書いたエントリでも登場した

山田耕史のファッションブログ: バックパックを買うまでに悩んだ全26アイテムをご紹介します。


GREGORY カバートミッションデイ




THE NORTH FACE Shuttle Daypack



なんかはビジネスマンでスーツに合わせている人も見かけます。

ちょっとヒネりたい人はINCASEもいいですね。




値段もこなれていて手を出しやすいと思います。

最近の人気、で言えばロールトップのバックパックもよく見かけますが



こちらは合わせるファッションを選びがちなので

初心者は避けた方が無難だと思います。

・個人的お薦めC6


ちなみにこちらのエントリで私はいろいろ迷った挙句、

C6というブランドのバックパックを購入しました。

山田耕史のファッションブログ: バックパックを買うまでに悩んだ全26アイテムをご紹介します。

購入して 1年が経ちましたが、まだまだ愛用中です。

よほど荷物が多い時や少ない時を除き、

平日休日を問わず外出時は基本的にC6で出掛ています。

あれから取扱店が大幅に増えているようで、

多くのセレクトショップや伊勢丹新宿店でも見かけるようになりました。

Amazonでもいくつかのアイテムが購入可能です。

これは私が購入したものの同型別素材ですね。

C6 シーシックス ナイロン リュック バックパック Pocket Backpack DURABLE NYLON (NAVY)




何故だかわかりませんが、

私が購入した高密度ナイロン素材のアイテムがありません。

高密度ナイロンはカジュアルにもキレイ目にもマッチするので

是非お薦めしたいのですが、残念ですね。

C6は他にもいくつかAmazonで購入可能になっています。

C6 シーシックス ナイロン リュック バックパック ブリーフバッグ Weekender Bag DURABLE NYLON (BLACK)



C6 シーシックス ナイロン リュック バックパック 2in1 Slime Backpack DURABLE NYLON (BLACK)



そこそこお値段はしますがどれもシンプルなデザインで良いですね。

・さいごに


バックパックはピンキリありますが、

・カラーはブラック

・カタチはシンプル

を念頭に選べばそんなに大失敗はしないかと思います。

カラーや柄モノ、デザイン性が強いものは

いくつか手持ちのバッグが増えてからにしましょう。


最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも随時呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。





このエントリを書いた人
山田耕史 詳しいプロフィールはこちら


 

2016年3月15日火曜日

アメリカでは実用物ならファッションもコピーしていいらしい。



【このエントリのポイント】アメリカには実用品は自由にコピーして構わないという考え方がある

こんにちは。

そういやP2Pって言葉を聞かなくなったなぁと思った

ファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。





・アメリカにおけるファッションデザインのコピー


今回はニュースキュレーションサイトに掲載されていた

本のレビュー記事のご紹介というなんともまどろっこしいエントリです。

「パクる欲望」が経済を回す。創造と模倣の意外な関係とは

本筋の「模倣によって生まれるもの」という内容も興味深いのですが、

私が気になったのはこの部分。

なぜファッション・デザインはこれまで一度もコピーから保護されてこなかったのだろうか。それはアメリカの著作権法に対する考え方の特徴である、実用物なら自由にコピーして構わないという姿勢による。一般的に著作権法では、音楽のように機能性を持たない、あるいは最低限の機能的属性しか持たない芸術形態を対象にする。
保護対象となるのは、きらびやかな宝飾品や、アディダスの3本線マークのように商標と結び付きが強いものに限られる。その結果、影響力が強く高価なファッション・ブランドのデザインのコピーが大がかり、かつ合法的に行われているのである。
ファッションデザインのコピーに関する問題は

今まで何度か当ブログでも取り上げてきました。

山田耕史のファッションブログ: ファストファッション終了のお知らせ?米コンバース意匠権侵害訴訟の行方。

山田耕史のファッションブログ: ファッション業界の常識が変わる?ラルフローレンがコンバースオールスターの模倣中止に同意。

これらのニュースからアメリカは著作権に関して厳しい国なんだな、

というイメージをなんとなく持っていたのですが、

上で引用したように「実用物なら自由にコピーして構わない」という考え方があるとは

知りませんでした。

・ファッションって実用品?


これを見て疑問に思ったのが

ファッション(アイテム)とは実用品なのだろうか?

という事。

一着数百万円するオートクチュールのドレスは

誰がどう見ても実用品ではないでしょう、と書こうと思ったのですが

人によっては立派なワークウェアなのかもしれません。

(社交界とか?そんなの本当にあるんですか?)

じゃあもうちょっと現実的にしてスーツ。

仕事で使う実用品という認識は強いと思いますが値段はピンキリ。

替えパンツが付いて1万円以下のものもありますし、

20万、30万のスーツは世の中にゴロゴロあります。

イタリアの職人の手作業による一着100万円のスーツは実用品でしょうか。

なんだか日本の軽減税率の議論みたいになってしまいましたが、

実用品ならコピーはOK、それ以外はNGと線引きするのなら

どこからどこまでが実用品という線引きも必要でしょう。

・落とし所は見つかる?


個人的には今のご時世コピーにそんなに目くじら立てるべきじゃないのかなぁ、

と思ったりもするのですが、そんな事を言ってられない人が多いのも理解しています。

今後なんとか落とし所を見つけなければいけないのでしょうが難しそうですね。

例えば100年後、このような議論の行く末はどうなっているのでしょう。



最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも随時呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。





このエントリを書いた人
山田耕史 詳しいプロフィールはこちら


 

2016年3月11日金曜日

ファッションに革新性を感じていますか?



【このエントリのポイント】購入したBluetoothイヤフォンが低価格、高性能で感動

こんにちは。

Amazonプライムミュージックの便利さを感じている

ファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。



・驚きの安さ


先日のこと。

スマートフォンで使っているイヤフォンが断線したので

Amazonで新しいものを物色していました。

今まで使っていたのは国内有名メーカーの3、4000円程度のもの。

音質などにそれほどこだわるわけでもないのですが、

ちょっとが好みがあるので大型電気店で視聴したりもしていました。

今回も同じメーカーの商品でいいかな、と思っていたのですが

そんな中目に入って来たのがBluetoothイヤフォン。

ワイヤレスだと楽だろうなーと思って

数年前に購入を検討したことがあったのですが、

当時はまだまだ価格が高く、レビューを見ると音が悪いという意見も

多かったので購入は見送っていました。

それが今、見てみるとかなり価格が下がっているのに驚きました。

安いものは3000円もしません。

レビューを見てみると悪くもなさそう。

3000円くらいならチャレンジしてみるのも良いかと思い、

Mpow Sealsという聞いたこともないメーカーの商品をポチりました。



・驚きの高性能


届いて使ってみたら、その便利さと音の良さに更に驚きました。

今まで使っていた国内有名メーカーの有線イヤフォンよりも音質は自分好み。

何よりコードレスの自由さはかなり快適。

ファッション的な話で言えば、

今まではイヤフォンをしている状態でストールを首に巻こうとすると

一度イヤフォンを耳から外さなければなりませんでしたが、

コードレスになるとその必要がありません。

そんな便利な商品が3000円もしないで手に入るという ことも大きな驚きです。

側からみたら小さなことかもしれませんが、

私にとってはとても革新的で感動的な出来事でした。


・ファッションで感動してる?


職業柄、どんなことでもファッションに当てはめて考えてしまいます。

最近自分はファッションで革新性を感じたことがあっただろうか?

感動したことがあっただろうか?

残念ながら今回のBluetoothイヤフォンのような驚きは

長い間感じられていません。

もちろんBluetoothなどの技術は今伸び盛りの分野なので、

それと比較するのは産業として成熟しきったファッションにとっては

酷なことなのかもしれません。

昨日のエントリで書いたように、

山田耕史のファッションブログ: ファッションの未来を感じられる場はファッションショーではなくなった。

伸びている分野の技術を取り入れることは可能でしょう。

ファッションには是非とも他の分野と積極的にコラボして

感動を生み出して欲しいな、といち消費者視点で思います。



最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも随時呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。





このエントリを書いた人
山田耕史 詳しいプロフィールはこちら


 

2016年3月10日木曜日

ファッションの未来を感じられる場はファッションショーではなくなった。



【このエントリのポイント】家電見本市CESでファッションの未来が見える!

こんにちは。

食器洗い乾燥機が欲しい

ファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。



・ファッションの未来はCESにあった


先日書いたこちらのエントリ。

山田耕史のファッションブログ: 未来を感じられる服が見たい。

ファッションの未来を感じられるような服が見たい、という内容で

未来を感じられる服の代表として最近東京コレクションから

パリコレクションに発表の場を移した日本の新進ブランド、ANREALGEを挙げました。

が、どうやらファッションの未来はパリコレクションなどに代表されるような

ファッションショーではなく、別のところにありました。

それを感じた記事がこちら。

CESから占う未来のファッション―その1 「透明化するテクノロジー」

CESから占う未来のファッション―その2「ネオ・オートクチュール 」

CESとはラスベガスで行われている見本市。

最新のテクノロジーを駆使したAV機器や家電などが中心ですが、

ファッションアイテムも多数出展されているようです。

例えばこんなの。



これは3Dプリンタで作られた服だそうです。

他にも色々あるので詳細はリンク先でご覧下さい。

いかがでしょう?

かなり面白くないですか?

・テクノロジーがファッションになる


私はファッションが大好き、ファッションショーも大好きなので

仕事に関係なくファッションショーを見て楽しんでいたりするのですが

世の中のほとんどの人はファッションショーを見ても楽しくないでしょう。

ですが、CESはどうでしょう?

CESのファッション系の展示は楽しんで見られる人も多いのではないでしょうか?

CESに登場しているプロダクトはデザイン性を重視されておらず

素っ気ないデザインのものも多いですが、今はまだ過渡期でしょう。

これからどんどん洗練されてくるでしょう。

その時、既存のファッションショーはCESに対抗できるような

価値を提供できるのでしょうか?


最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも随時呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。





このエントリを書いた人
山田耕史 詳しいプロフィールはこちら


 

2016年3月9日水曜日

夢のカジュアルウェアはワークマンがつくってくれる?



【このエントリのポイント】ワークマンがカジュアルウェアに進出!これは期待!

こんにちは。

小学生の時の愛読書は家事が捗る主婦の裏技特集的な本だった、

機能大好きのファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。


・伏兵現る


先日書いたエントリでGMSのアパレルには

機能特化した日常着をつくって欲しいと書きましたが、

山田耕史のファッションブログ: GMSの衣料品は機能特化すれば復活する、かも。

思わぬ企業が私の願いを叶えてくれるかもしれません。

それはワークマン。

作業服を中心に取り扱ってきたワークマンがカジュアルウェアに挑戦するそうです。

詳しくはこちらの記事をご覧下さい。

作業服のワークマン、おしゃれに“脱皮”:日経ビジネスオンライン

・機能ノウハウ満載!


機能的は服が大好物の私はワークマンを以前から愛用していました。

最近気に入っているアイテムはこれ。

五本指の白靴下です。



Vibram FiveFingersを履くようになってから

五本指ソックスしか受け付けなくなってしまったのですが、

選択肢が少ないのが五本指ソックスの難点。

そんな中、ワークマンには今気分の五本指白リブ靴下があるのです。

履いてみたらこんな感じ。

結構今っぽいリブ感です。



他にも180度開脚できるスラックスや

商品カテゴリー:レインウエア(かっぱ)|ワークマン オンラインストア

透湿レインスーツが5000円アンダーなど、

商品カテゴリー:レインウエア(かっぱ)|ワークマン オンラインストア

作業服で培われた機能性を生かし、かつ低価格な商品が沢山あります。

・ファッション性の向上を!


ただ、惜しいのはファッション性がまだまだ低いところ。

おそらくこれからなのでしょう。

変にデザイン性を上げるのではなく、

普遍的なベーシックデザインの機能服をつくってくれればいいのですが…。

良い方向でファッション性が上がってくれる事を期待しています。

ワークマンカジュアルラインのディレクション、

やらせてもらえるなら是非やってみたい仕事ですね。


最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも随時呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。





このエントリを書いた人
山田耕史 詳しいプロフィールはこちら