2014年11月27日木曜日

今のユニクロの最強っぷりを見せつけられた30周年感謝祭。【ユニクロチラシ定点観測vol.8】



こんにちは。

30代も半ばになると背負うものが増えてきて色々大変だなぁと思った

ファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。




日本で一番売れているファッション企業であるユニクロの

柳井会長兼社長が毎週直々にチェックしている程重視しているユニクロのチラシは

最も優れた日本のファッションメディアである、という考えのもと

毎週分析をしているユニクロチラシ定点観測vol.8(2014年11月21日)です。

-----今までのユニクロチラシ定点観測-----

2014年11月14日
山田耕史のファッションブログ: デザインの違いをわかりやすく訴求。【ユニクロチラシ定点観測vol.7】

2014年11月7日
山田耕史のファッションブログ: キラーアイテム、スリム暖パンは訴求方法も新しい。【ユニクロチラシ定点観測vol.6】

2014年10月31日
山田耕史のファッションブログ: 売れたアイテムだからこそアピールが必要。【ユニクロチラシ定点観測vol.5】

2014年10月24日
山田耕史のファッションブログ: 顧客像を見極める事が必要【ユニクロチラシ定点観測vol.4】

2014年10月17日
山田耕史のファッションブログ: 商品を買う気にさせる情報とは何か?【ユニクロチラシ定点観測vol.3】

2014年10月10日
山田耕史のファッションブログ: デザインは毎週変わる?ユニクロチラシ定点観測中。

2014年10月3日
山田耕史のファッションブログ: ユニクロの叡智が詰まったチラシの秘密。

今回は出張等でブログを書く時間が無く、リリースされてから時間が経ってしまいましたが、

2014年11月21日のチラシです。

・30周年感謝祭の柱はヒートテック





まずは表面。

今週は先週のチラシでも告知されていた

山田耕史のファッションブログ: デザインの違いをわかりやすく訴求。【ユニクロチラシ定点観測vol.7】

30周年感謝祭です。



私は京王線で電車の吊り広告も目にしましたが、

フリースブランケットプレゼントや子供限定のお菓子つかみ取り、

タイムセールなど集客イベントが盛りだくさん。

日替わり特価アイテムも多数用意されています。



その中で、表面メインに陣取ったのはヒートテックインナー。



今までと同じく、

レディスは

「しっとりなめらか椿オイルのやさしさ」

メンズは

「実は汗をかく冬もムレにくく爽快!」

と異なったキャッチフレーズでアピール。



私の周りでも愛用者が増えている極暖は

「お一人様2点まで」

となっています。



「ご購入時の注意点」

まで念入りに記述されています。

混雑する売場でのトラブルを出来るだけ減らそうという配慮でしょう。



インナーだけでなくグッズもヒートテック。



キッズも。

「ヒートテックだと汗冷えしにくいからママも安心!」

とありますがどうなんでしょうか。



レディスのインナーパンツ。

「冷え性対策の防寒対策にぜひ!」

というターゲットを絞った訴求。



と、言っても世の中の女性の大半は冷え性(山田調べ)なので

全女性がターゲットとも言えます。

・ウルトラライトダウンはトレンドのインナーダウン用途を強くアピール!


表面中央はダウン。



新作ダウンを投入しています。

レディスはダウンコート、メンズはストレッチダウン。



レディスはフードやフェイクファー、



「女性らしいくびれのあるウェストライン」

など、デザイン性をアピール。



ウルトラライトダウンも

「新作登場!」。

「バッグに1枚入れておくと安心!

アウターに重ねれば超あったかい!」

とインナーダウン用途を意識したキャッチフレーズです。

山田耕史のファッションブログ: 【トレンド予想】14秋冬は「インナーダウン」が増加する【ユニクロ】



レディスは

「首周りがすっきり見える!」

ノーカラーが登場。

こちらもインナーダウン用途を見込んでいますね。



メンズでは

「イメージを一新するスクエアキルトタイプ登場!」



個人的な感想ですが、

ユニクロのウルトラライトダウンは生地の光沢感がもっと無ければ

買ってもよいかな、と思います。

質感は無印良品の方が好みです。



軽量フレンチダウンポケッタブルブルゾン 紳士S・モカブラウン | 無印良品ネットストア

ダウンジャケットはキッズも訴求。



表面のトップスはネルシャツ。

こちらも新柄をアピール。



右下にはボアスウェットが登場していますが、

「お出かけにも使えるあったかボトムス!」というキャッチフレーズ。



ルームウェアのイメージが強いスウェットパンツですが、

お出かけにも使えるというイメージを付けて

売れ行きを伸ばそうという戦略でしょうか。

裏面です。



裏面はインナーがメイン。

アダルト層や屋外で働く人に人気のヒートテックフリース。



レディスのメリノセーターは



「フィット感のあるリブ編みが美しいシルエットを叶える」

というデザイン性を訴求。



カシミアニットは

「ずっと着ていたい肌触り」

という風に肌触りを訴求しています。



レディスのワンピース&シャツは

「忙しい冬の朝もこれ1枚で決まる!」

というキャッチフレーズが良いですね。



暖パンは

「はいた瞬間からあったかい!」

というキャッチフレーズ。



・定番から人気からまで幅広い品揃え


チノパンツやジーンズなどユニクロの支持の基盤となる

ベーシックカジュアルアイテムも訴求。



ムーミンや



リサ・ラーソンといったキャラクターものも抜かりはありません。

 

そして今年のキャラクターものといえば外せないアナ雪。

ルミネからコムデギャルソンまで多くの商業施設やブランドから

引きも切らない人気ですが、勿論ユニクロも展開してます。



裏面は他にキッズや



売れ残りの旧品番を

「掘り出しもの」

「ビックリ価格」

というキャッチコピーで訴求。



・【今回のポイント】冬に強いユニクロ。では夏は?


ユニクロは冬に強い、という評価があります。

ヒートテックやウルトラライトダウンなど、防寒モノのヒット商品が多い為です。

今回のチラシでもその強さは健在。

おそらくこの3連休は今年でもトップクラスの売上げとなったでしょう。

しかし、商品単価が下がる春夏では同じ様な売上げを実現出来るかと言えば

それは難しいでしょう。

ヒートテックやウルトラライトダウンのようなヒット商品を夏でも、

という思いはずっとユニクロにもあるのでしょう。

そんな商品を今後開発出来るかどうか。

今のユニクロなら近い将来作ってしまいそうな気がしますね。


最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも随時呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。





このエントリを書いた人
山田耕史 詳しいプロフィールはこちら


 

2014年11月25日火曜日

日本のファッションは昭和から進化しているのか?【書評】格好よかった昭和



こんにちは。

先日スーパーで買ったとんこつ鍋の素が美味しくてびっくりした

ファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。




本日は図書館で偶然手に取った格好よかった昭和 東京オールウェイズ60'sのレビューです。





・「黒の衝撃」抜きの昭和日本ファッション史


本書は3人のデザイナーを通して昭和日本のファッション史が語られます。

VANの石津謙介。

KENZOの高田賢三。

そして中村乃武夫です。

昭和日本のファッション史を語る時、この3人が挙がる事はなかなかないでしょう。

中でも中村乃武夫の名前は本書で初めて見ました。

・日本のライフスタイル提案の始祖、石津謙介。


恥ずかしながら私の石津謙介に関する知識は

「VANを創ったトラッドの教祖」くらいのものでした。

「ええところのぼんぼん」として生まれた石津は学生時代からファッションにのめり込み、

その時に培った感性と天津の租界で衣料品会社で働いた経験、

そして終戦後に知り合ったアメリカ軍人との交流の中で知った

アイビーファッションを武器にVANを創業します。

私が驚いたのは石津の先見性。

「そのころから僕は、ヴァンは単にモノを売る会社ではなく、
モノを売る前にライフスタイルを提供する、
ライフスタイルを提供するためにはイメージを大事にする必要があると考えていたんです」P.53

と、今流行りのライフスタイル提案をこの頃すでに行っているのです。

・ファッションとは道具である。


また、

「チノパンは、カッコいいから人気が出たわけではない。
洗濯が簡単など、便利で値段が安いから広がったんです。
ファッションとは、人間が賢く生きるための道具といっていいかもしれません」P.71

と、今後日本のファッションが向かって行きそうな方向性も示唆しています。

参考:山田耕史のファッションブログ: 加速するベーシックデザイン×機能。

また、「TPO」や「Tシャツ」など今当たり前になっているファッション用語も

石津による造語というのは知りませんでした。

・行動力が切り開いた高田賢三の運命


日本のアパレルメーカーで働いた後、

アパートの立退き料を元手に渡仏した高田賢三。

フランス語も自信が無いレベルだった賢三は

自分をデザイナーとして売り込む為にファッション誌やオートクチュールメゾンに

デザイン画を売り込みに行きます。

この行動力が功を奏してフランスのワンピースメーカーの働き口を得ます。

そこから「ジャングル・ジャップ」設立、パリコレクションデビューと成功の階段を登り、

1989年には年商100億円、プレタポルテデザイナーの中では

サンローランに次ぐ売上げの規模を誇るようになります。

・江戸っ子パリコレデザイナー中村乃武夫


石津謙介、高田賢三の他に本書では

パリで初めてファッションショーを開いた日本人として中村乃武夫が紹介されています。

パリのバイヤーから大絶賛され、

バレンシアガから「一緒に店を作ろう」と誘われる程

パリでのショーを大成功させるものの

「パリなんかに住めるものか」という理由で日本に帰った中村。

その人生の痛快さは是非本書で読んでいただきたいです。

・日本のファッションは進化したのか?


本書を読み終えて一番心に残ったのは石津謙介の先見性です。

今、セレクトショップはどこもかしこもライフスタイル提案で

カフェを併設したり高価な醤油や盆栽を置いたりしていますが、

石津謙介はライフスタイル提案としてステーキハウスやパブ、家具なども手がけ、

果ては本社にホールを設け、

そこで映画、演劇、コンサート、寄席やボクシングなどを催します。

勿論昭和という時代だから可能だったのでしょうが、

今の日本のファッション業界は石津謙介の時代から

全く進化してない、もしくは退化してしまっているのではないかと思ってしまいました。


最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも随時呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。





このエントリを書いた人
山田耕史 詳しいプロフィールはこちら


 

2014年11月14日金曜日

デザインの違いをわかりやすく訴求。【ユニクロチラシ定点観測vol.7】



こんにちは。

最近古着屋を訪れるのが楽しい

ファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。




日本で一番売れているファッション企業であるユニクロの

柳井会長兼社長が毎週直々にチェックしている程重視しているユニクロのチラシは

最も優れた日本のファッションメディアである、という考えのもと

毎週分析をしているユニクロチラシ定点観測vol.7(2014年11月14日)です。

-----今までのユニクロチラシ定点観測-----

2014年11月7日
山田耕史のファッションブログ: キラーアイテム、スリム暖パンは訴求方法も新しい。【ユニクロチラシ定点観測vol.6】

2014年10月31日
山田耕史のファッションブログ: 売れたアイテムだからこそアピールが必要。【ユニクロチラシ定点観測vol.5】

2014年10月24日
山田耕史のファッションブログ: 顧客像を見極める事が必要【ユニクロチラシ定点観測vol.4】

2014年10月17日
山田耕史のファッションブログ: 商品を買う気にさせる情報とは何か?【ユニクロチラシ定点観測vol.3】

2014年10月10日
山田耕史のファッションブログ: デザインは毎週変わる?ユニクロチラシ定点観測中。

2014年10月3日
山田耕史のファッションブログ: ユニクロの叡智が詰まったチラシの秘密。

・冬のヒットアイテム暖パンをプッシュ


今週の表面です。



今回は暖パンをプッシュ。

レディスは

「美脚美尻に見せながら、発熱・保温素材で暖かい!」

というキャッチコピーの

「ヒートテックレギンス」、

メンズは「寒風を通さない!冬の新定番!」として

「防風チノ」をプッシュしています。



また、先週スリムフィットタイプが登場した事をお伝えした

山田耕史のファッションブログ: キラーアイテム、スリム暖パンは訴求方法も新しい。【ユニクロチラシ定点観測vol.6】

ウォームイージーパンツもプッシュ。



レディスは

「さらに便利に 

ウェストはリブ&コードで調整しやすい」

「さらに快適に

細身のシルエットで脱ぎ着しやすい裾ファスナーをプラス」、

メンズは

「さらにスタイリッシュに

細身でストレッチ性が抜群なのでスッキリしたシルエットに」

「さらに本格仕様に

ボタン&ジッパーをプラスして見た目も本格的」

と先週同様レディスは機能性、メンズはファッション性を強調しています。

・コートはバリエーションを明確に


表面右上はコート。

ウルトラライトダウンとウールブレンドコートを打ち出しています。



ウルトラライトダウンコートは

メンズは

「ハーフ丈」

「ロング丈」

という丈感をアピール。

レディスは

「ショールカラー」

「フーデット」

という襟のデザインをアピールしています。



ウールブレンドコートは

メンズ、レディス共にPコートとダッフルというデザインを訴求しているものの、



メンズは

「裏地には中綿を入れて保温性アップ」

「ライトウェイトウールで着心地すっきり軽やか」

といった機能性を、

レディスは

「柔らかなラインのストームパッチやポケットがキュート」

「女性らしいすっきりとしたシルエット」

とファッション性をアピールしています。

表面右下は

「今が書い!ヒートテックで冬を乗り切る!」。



左下の小さなスペースで極暖ヒートテックを扱っていますが、

今後気温の低下に伴い扱いは大きくなりそうですね。

・フリースは新柄投入で新鮮さをアピール


裏面です。



フリースは新柄として

「今年らしいワイドボーダー、レオパード柄が新登場!」

と新鮮さをアピール。



左下のリバーシブルフリースパーカーにも新柄のカモフラ柄が登場しています。

裏面左下は

「冬を彩るカラフルニットが満載!」



新作として

「「発熱」効果が加わってより暖かく進化!

ヒートテックセーター」

が登場しています。


裏面右上はキッズ。



今までチラシにはなかったベビーが登場。



裏面右下は

「ホッとくつろぐ あったかルームウェアお買い得!」となっています。



裏面の隅には

「いよいよ来週は!ユニクロ創業30周年感謝祭」の文字が。



・【今回のポイント】デザインの違いをしっかりアピール


今回のポイントはコートのデザイン訴求。

一般の人には売場でパッと見てもわかりずらい

丈感や襟デザインの違いなどを文字でしっかり伝えられるチラシを使い

アピールしているのは流石でした。

最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも随時呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。





このエントリを書いた人
山田耕史 詳しいプロフィールはこちら