2014年5月28日水曜日

ニューバランスのスニーカーがヒットした本当の理由。



こんにちは。

健康診断で視力が落ちて

ショックな山田です。







最近こんな記事を目にしました。

ニューバランスのスニーカーはなぜ"オシャレ"なのか? | 坂井直樹「デザインのたくらみ」 | 現代ビジネス [講談社]

表題の通り、現在ニューバランスのスニーカーが

流行している理由に関して分析されています。

要点を引用しますと、ニューバランスの魅力を

カラフルさや派手さではなく「履き心地」や「質素の中にあるスタイリッシュ」に"オシャレ"を見い出す人々が急増している。
と定義し、ここに至る流れを
見た目より機能性を重視する動きは、先日述べた「究極のノーマル(ノームコア)」というトレンドに通じている。(参照:http://gendai.ismedia.jp/articles/-/38908
と分析されています。そして
今、過剰な生産・消費活動による環境へのダメージを受け、無駄を省き、本当に必要なものを身につけようというトレンドがある。機能性やふつうこそが「オシャレ」だという、そのアンバランスな正論が、世の中に蔓延しつつあるのだろう。
と結論づけておられていますが、どうも納得出来なかったので

ニューバランスのスニーカーがヒットした本当の理由を考えてみました。

私が思うニューバランスが流行した理由は大きく分けて3つあると思います。

1:わかりやすいブランドアイコン


画像引用元:http://www.fashionsnap.com/streetsnap/2014-03-14/37799/

ナイキのスウォッシュやアディダスのスリーストライプスなど、

スポーツブランドのスニーカーには

ブランドを象徴するキャッチャーなデザインが欠かせませんが、

ニューバランスのNマークは見れば誰でもそれが

ニューバランスのアイテムである事がわかるくらい

訴求力の高いデザインです。

ニューバランスは機能性も高く評価されていますが、

もし世の中が機能性だけを求める気分になっているのなら、

同じく機能性を高く評価されているアシックスも

街で沢山見かけるようになっても不思議ではありません。

ファッションアイテムがマスにヒットする為には

デザインのわかりやすさが必要です。

ニューバランスが支持されている理由は

そのわかりやすいブランドアイコンによる

デザイン性だと思います。


2:入手し易さ


画像引用元:http://www.fashionsnap.com/streetsnap/2014-02-13/36746/

ニューバランスは5年程前からセレクトショップを中心に

ファッション好きに人気を集めていましたが、

当時人気を集めていたのは1400や


画像引用元:http://www.newbalance.co.jp/products/detail.jsp?M1400

996、


画像引用元:http://www.newbalance.co.jp/products/detail.jsp?M996

576など


画像引用元:http://www.newbalance.co.jp/products/detail.jsp?M576

いずれも定価が2万円を超えるスニーカーとしては高額なアイテムで、

ファッション好き以外にはなかなか手を出しにくいものでした。

ファッション好きだけに留まっていたニューバランス人気が

本格的にマスに拡大された原因として

576の廉価版である574のリリースが大きいと思います。


画像引用元:http://www.newbalance.co.jp/products/detail.jsp?ML574-EXT11

定価が8900円のこの574は

ユナイテッドアローズなどのセレクトショップだけでなく、

ABCマートなどの量販店でも取り扱われるようになり、

その価格の安さと販売店の多さによる入手のし易さ、

そして量販店でも手に入るのにセレクトショップでも扱っている

バリューの高さが

マスへのヒットに繋がったと思います。


3:マッチするファッションテイストの拡大


画像引用元:http://www.fashionsnap.com/streetsnap/2014-04-24/39171/

以前も当ブログで言及しましたが、メンズ、レディス問わず

レトロスポーツがトレンドとして拡大しています。

参考:山田耕史のファッションブログ: ノームコア=アメカジベーシック回帰という説。

Fashionsnap.comのニューバランスを着用しているストリートスナップを見ても


画像引用元:http://www.fashionsnap.com/streetsnap/2014-03-06/37560/

スタジャンや


画像引用元:http://www.fashionsnap.com/streetsnap/2014-03-06/37564/

プルオーバースウェット、


画像引用元:http://www.fashionsnap.com/streetsnap/2014-04-24/39171/

ライン入りソックスなど、

少し懐かしい感じのするスポーツアイテムとのコーディネイトが目立ちます。

このようなレトロスポーツテイストにマッチするスニーカーとして、

ニューバランスが着用されるようになったのも一因だと思います。


と、いう事で私が考えるニューバランスのスニーカーがヒットした理由は

1:わかりやすいブランドアイコン

2:入手し易さ

3:マッチするファッションテイストの拡大

の3点です。



因みに以前当ブログで

ニューバランスの次に流行るスニーカーはVANS、その次はナイキ

山田耕史のファッションブログ: new balanceの次に流行るスニーカーはVANS、その次はNIKEに決定!

と予想しましたが、

市場を見ているとVANSはマス層が履くまでの大ヒットには至らず
(ファッション好きにはヒットしましたが)、

ニューバランスの次はナイキがヒットしそうです。

VANSは価格も安く、量販店などどこでも簡単に入手出来るので

ニューバランスがヒットした理由で2つ目に挙げた

「入手し易さ」

はクリアしています。

しかし、

「わかりやすいブランドアイコン」と

「マッチするファッションテイストの拡大」が伴わなかった為に

マスでの大ヒットには至らなかったのではなかと思います。


という事で

ニューバランスの次にヒットするのはナイキ

という予想をここで打ちたてます。

果たして的中するかどうか。

検証記事は必ず書こうと思っているのでお楽しみにお待ち下さい。





※注
ここで述べられている内容は書き手の所属する組織・団体の主張を
代表・代弁するものではなくあくまでも筆者一「個人」としてのものです。

2014年5月26日月曜日

売れるファッション誌の特徴は「変わらないこと」?



こんにちは。

久し振りにクレジットカードの明細を見たら

不正請求を発見した山田です。

明細はきちんとチェックしなければいけませんね。





今日発売のWWDはファッション誌特集。




その特集の中で、有力誌の編集長インタビューが興味深かったので

ご紹介します。

それぞれの雑誌の読者年齢や収入などについて

中の人が自ら答えておりそれだけでも面白かったのですが、

私が目を引かれたのは

メンズジョーカーの橋本太郎編集長インタビュー。

メンズジョーカーといえば雑誌不況が叫ばれる現在でも

15万部前後の発行部数を誇る人気雑誌。

参考:http://www.j-magazine.or.jp/magadata/index.php?module=list&action=list&cat1cd=1&cat3cd=5&period_cd=24

ですが、そのちょっとロックっぽい細身のカジュアルスタイルは

毎号殆ど変化が見られず、

その事に関して

以前ライターの南 充浩さん ‏@minamimitsuhiro と盛り上がった事があります。



実際に2014年6月号と2013年7月号を比べてみました。



さて、どちらが2014年でどちらが2013年だと思いますか?



正解は上が2014年6月号、下が2013年7月号です。

ではこちらは?



こちらも上が2014年6月号、下が2013年7月号です。


こうやって並べてみても違いは分かり辛いのに、
(細かい所を見ていけば変化はわかりますが、
ぱっと見でわかる人一般人は少数だと思います)

何故売れているのか疑問に思っていたのですが、

今回のWWDのインタビューでその理由がわかりました。

その部分を引用します。

メンズジョーカー卒業生に向けた新雑誌「メンズジョーカーリラグジー」を

他誌とどうやって差別化するのかという問いに対する返答です。


橋本:”ファッション偏差値”の高い男性に向けた競合誌とは一線を画し、
「メンズジョーカー」同様、最も実用的な媒体を目指します。
~中略~
「リラグジー」を含めた「メンズジョーカー」が目指すのは、
セグメントされたマーケットではなく、
全方位を狙う”究極に一般読者ウケするファッション誌”です。
メンズファッション誌の切り口にはテイスト別、国・スタイル別など
いろいろあるでしょう。
けれど、それにこだわるあまり可能性を捨ててしまうのは、
雑誌の都合で読者の興味や関心に満足に応えなくなることにつながります。
テイストやブランド、価格帯を問わず、「良いモノは良い」という
 シンプルなスタンスを大切にしたいです。

「”ファッション偏差値”の高い男性」という言葉は

「オシャレな人」と言い換えても良いでしょう。

「オシャレな人」はファッションに対するこだわりが強く、

トレンドに敏感で毎シーズン沢山の服を購入し、

ファッションテイストが頻繁に変わります。
(「オシャレな人」にはトレンドを気にせず
独自のファッション観を追求する人もいると思いますが、
ファッション誌というトレンドを扱うメディアの話なので
その人の事は今回は割愛します)

しかし、メンズジョーカーがターゲットするのは

”ファッション偏差値”の高くない、一般人。

ファッションに対するこだわりがそれ程強くない人は

短期間でファッションテイストが変わる程服を買いませんし、

そもそもファッションテイストという事柄自体

気にしていないかもしれません。

メンズジョーカーはそんな、

テイストが変わらない人に向けたテイストの変わらない雑誌

という事なのでしょう。


メンズジョーカーと同じく

毎号テイストが殆ど変わらないメンズファッション誌があります。

それは、これまた売れ行き好調のサファリ。



WWDにはサファリの編集長のインタビューも掲載されていましたが、

残念ながら編集方針などに関する言及はありませんでした。

が、おそらくサファリもメンズジョーカー同様、

”ファッション偏差値”の高くない、一般人をターゲットにしているのだと思います。


次々と移り変わる最新ファッションを紹介する事が当たり前だったファッション誌。

しかし、これらのような「変わらない」ファッション誌が人気を集めている事に

学ぶ事は大きいと思います。



※注
ここで述べられている内容は書き手の所属する組織・団体の主張を
代表・代弁するものではなくあくまでも筆者一「個人」としてのものです。


2014年5月22日木曜日

ブラジルワールドカップではミニマムコンセプトのサッカースパイクに注目。



こんにちは。

Jリーグ創世記はマリノスファンだった山田です。

木村和司が好きでした。



サッカーのブラジルワールドカップが迫ってきましたね。

以前のエントリでご紹介したように、

山田耕史のファッションブログ: アディダスがオリンピックを金まみれにした?アディダスVSプーマ もうひとつの代理戦争

ワールドカップはスポーツブランドにとって最大の宣伝場所のひとつ。

今回のブラジルワールドカップに向け、

既にこのような報道もされています。

“負けられない戦い”足元も 日本代表のスパイク 各社技術力で勝負 (産経新聞) - Yahoo!ニュース

日本代表の選手が使用するスパイクで高いシェアを誇るのが

ナイキとアディダス。


画像引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140518-00000053-san-bus_all.view-000

アディダスはブラジルワールドカップに「バトルコレクション」というモデルを投入。


画像引用元:http://qoly.jp/2014/05/13/adidas-football-boots-battle-pack

メッシ選手や香川選手などの人気プレイヤーがこれを履いてワールドカップに出場します。

対するナイキが投入するのはこちら。


画像引用元:http://www.nike.com/jp/ja_jp/c/football/mercurial?intpromo=wldcup:gfb-slp:fst:mercurial-silo

「マーキュリアルスーパーフライ」という、

まるで靴下のようなニット素材のスパイクです。

このスパイクの機能性はこちらのリンクを参照して下さい。

すべては“スピード”のために--ナイキの新スパイク「マーキュリアルスーパーフライ」のテクノロジ - CNET Japan

ナイキは近年、この「マーキュリアルスーパーフライ」にも用いられている

「フライニット」という素材に注力しており、

ランニングシューズではもうお馴染みの素材になっています。

ランニングシューズは“フィット感戦争”へ!? 2014年注目モデル大集合 日経トレンディネット

しかし、このニット素材のシューズはナイキの専売特許ではなく、

実はアディダスも似たようなコンセプトのニット素材靴下系スパイクを発表しています。


画像引用元:http://web.gekisaka.jp/news/detail/?134147-134147-fl

ニット素材でサッカースパイクを製造したのはアディダスの方が早かったようで、

Pro-Direct Soccer - adidas Samba Primeknit FG Football Boots, Cleats, Limited Edition

こちらのサイトには

the world's first kinitted football boots

という謳い文句が付いています。

世界初のニット製スパイクが発売開始…スアレスが着用し、早速1ゴール (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース


今まで、スポーツブランド各社は

ナイキの「AIR」に代表されるような

クッショニングシステムで地面からの衝撃を吸収し、

如何にプレイヤーの脚を保護するかでしのぎを削って来ました。

しかし、最近その傾向が変わりつつあります。

それは

ミニマム

という考え方の登場です。

シューズの機能を最低限度に抑え、

脚が本来持っていた能力を発揮させるという

ベアフットランニングを実現させる

伊ビブラム社のファイブフィンガーズに代表されるような



ミニマムコンセプトシューズは

特にランニングシューズで最近増加しており、

ナイキのFREEや



アディダスのadipure、



ニューバランスのMinimusなど、



大手スポーツブランドも続々とミニマムコンセプトランニングシューズをリリースしています。

このランニングシューズから生まれた

ミニマムコンセプトがサッカーなど他のスポーツに転用されるようになり

上述のような靴下のようなスパイクが生まれた、

というのが最近のスポーツシューズの流れだと考えています。


今回のワールドカップを機に

ミニマムコンセプトシューズはますます注目度を高めそうです。

今、一般消費者が目にするスポーツシューズは

しっかりとしたクッショニングシステムを持ったアイテムが主流ですが、

今後ミニマムコンセプトのシューズがどんどん増えていきそうな予感がします。


※注
ここで述べられている内容は書き手の所属する組織・団体の主張を
代表・代弁するものではなくあくまでも筆者一「個人」としてのものです。


2014年5月20日火曜日

ユニクロのオリジナルTシャツ作成アプリ、UTme!を試してみました。



こんにちは。

久し振りに総合病院に行くと

受付や支払いのハイテクっぷりに驚いた山田です。





昨日リリースされて早くも話題になっている

ユニクロのオリジナルTシャツグラフィック作成アプリ、UTme!

早速試してみました。



起動すると



STEP1。

どの方法でグラフィックをつくるかを選択します。

まずはタイポグラフィを選びました。



Tシャツのボディとカーソルが登場。



タイプしていきます。



とりあえず「Analyste」っと。

フォントのカラーは選べますが



フォントの種類は変更出来ません。



配置は変更可能。



みぞおち辺りにしたり



おヘソ辺りにしたりも出来ます。

今回はベーシックなブラックのフォントにして

次のステップに進みます。



STEP2は「シェイクしてリミックス!」



まずは一番上のSPLASHを選んでみました。

iPhoneをシェイクすると…





インクが飛び散ったようなグラフィックに変化。

更にシェイクすると



どんどん飛び散り具合が強くなります。



次はGLITCHを試してみましょう。



SPLASH同様iPhoneをシェイクすると



シェイクの強さに応じてフォントが変形します。







下のポーズボタンを押すと



タイミングに応じて変形具合が変わります。



最後はMOSAIC。



3種類からかたちを選びます。



スクウェア

スワイプするとモザイクのかかり具合が強くなります。



ラウンドも



スワイプするとこんな感じに。



サークルは



こんな感じになります。



タイポグラフィのデザイン加工は以上。

他の方法も試してみましょう。




自由にグラフィックが描けるPAINT。



スプレーを吹き付けたようなブラシで描きます。



カラーパレットは選択可能。



ダンボーを描いてみました。



加工はタイポグラフィと同じ3種類。



SPLASHと



GLITCHと



MOSAICです。



最後にPHOTOを試してみましょう。



選んだのは先日食べた豚骨ラーメン。



ドラッグで移動、ピンチでズームします。



チャーシューズーム!



ネギズーム!

ネギをいじってみましょうか。



右下のボタンで明度を調節出来ます。



鮮明になりました。

画像の加工はタイポグラフィやペイントと同様。

SPLASH、



GLITCH、



MOSAICの3種類。



加工の方法も同様です。

グラフィックの加工は以上のような感じです。

フォトの上にタイポグラフィを加えたりといった

複数の要素の加工も可能。


iPhone5で試しましたが、

終始滑らかに動き、

ストレスなく気持ち良い操作感でした。


さて、

流石にネギTは着る勇気が無いので

「Analyste」で購入手続きに移ります。



アップロードが開始。



購入前の注意文です。





こちらが現在話題になっている

ユニクロでTシャツ作成すると全著作権を譲渡 UTme!利用規約を警告する声

ユニクロが自作Tシャツを作れるアプリ「UTme!」を発表するも、規約の著作権がちょっと不安? : IT速報

著作権についての注意文。

----------------------
2014/5/21追記

規約変更で著作権はユーザーに帰属するようになったようです。

「UTme!」の利用規約問題 内容を一部変更へ | Fashionsnap.com

----------------------








同意して次に進むとデザインの確認。





そして注文数量を入力します。



選び終えると価格が表示されます。



1枚で2635円、

3枚になると送料が無料になります。


現状ではTシャツのボディはホワイトのみ。

グラフィックにも制約はありますが、

この価格でオリジナルTシャツが作れる、

しかもボディは安心のユニクロクオリティならば

需要は結構あるのではないでしょうか。

また、アプリの操作性も良いので

ちょっとした空き時間にグラフィックを作って遊ぶというような

楽しみ方もあるでしょう。


また、話題となっている著作権に関してですが、

著作権は全てユニクロに譲渡される事から考えると、

来年辺りはUTme!で支持を集めたデザインを

UTで一般販売するというような展開がありそうです。


完成度の高いアプリと

低価格の商品供給を実現させるのは流石ユニクロ、といったところでしょう。

今後、フォントやグラフィック加工方法の充実に期待したいですね。


※注
ここで述べられている内容は書き手の所属する組織・団体の主張を
代表・代弁するものではなくあくまでも筆者一「個人」としてのものです。