2014年3月31日月曜日

太めの男性に朗報?ソーセージパン男子がモテる。



こんにちは。

お気に入りだったスニーカーが加水分解して悲しい山田です。





先日ご紹介した

山田耕史のファッションブログ: アリ?ナシ?これが今の女のコの平均像!

と同じ、CHOKi CHOKi 2014年5月号



「モテ男の新常識BOOK」という特集ページで

「ソーセージパン男子」なるものが紹介されていました。



ソーセージパン男子の定義は

「まわりは筋肉や脂肪で覆われていて、中身は肉食である男のコのことを言う。

中身が肉食という点ではロールキャベツ男子と一緒だが、

こちらは見て目が草食というわけではなく、ふんわりフォルムなのだ(笑)。

肉食の部分が、たまに外見からも

ギラッと垣間見れる姿はまさにソーセージパンそのもの!」

なのだそうです。

ちなみに18歳女子高生からはこんなコメントも。



…ほんまかいな。



昨年はla farfaの人気に代表されるように、

ぽっちゃり系女性がブームの一年でした。

山田耕史のファッションブログ: ぽっちゃり女子ファッション誌、la farfa Vol.2レビュー(画像あり)。

この流れに乗ってぽっちゃり系男性のブームも来るのでしょうか。

女性の場合は渡辺直美さんやアジアン馬場園さんのような

人気お笑い芸人がトレンドリーダーとして注目されましたが、

男性の場合は誰になるのでしょうか。

ぽっちゃり男性タレントとしては

サカゼンのキングサイズの広告でも起用されている石塚英彦さんや


画像引用元:http://item.rakuten.co.jp/btclub/7659100004/

最近では若手お笑いコンビ、プラスマイナスの岩橋良昌さん


画像引用元:http://item.rakuten.co.jp/qwerty/12570/

なんかが有名ですが、

ブームになる為にはもっと若く、

かつファッショナブルなイメージのあるの人気者が欲しいところですね。

このCHOKi CHOKiの特集ではソーセージパン男子の代表として、

人気テレビ番組「テラスハウス」に出演している地球・マントル一平さんという

お笑い芸人が紹介されていますが、

彼が今後その役割を担うのでしょうか。

今後のメンズぽっちゃり市場はまだまだ拡大していくと思うので、

キングサイズを展開している企業なんかは

ぽっちゃりタレントをスポンサードして認知度を高めていくのも

戦略ひとつだと思うのですが、どうでしょうか。



※注
ここで述べられている内容は書き手の所属する組織・団体の主張を
代表・代弁するものではなくあくまでも筆者一「個人」としてのものです。




2014年3月28日金曜日

タイプ別・失敗しない大学デビューのための服屋選び。



こんにちは。

今日は暖かかったので

今年初めてオフィスのベランダで昼食を食べた山田です。


春ですね。

そろそろ入学シーズンなので

大学デビューを狙っている人も多いのではないでしょうか。

実は私も大学デビュー組です。

高校の時までずっと運動部に所属していたので

私服を着る機会が大学に入るまでほぼありませんでした。

殆どファッションの知識がなく大学デビューしたので

大学入学当初の私のファッションは黒歴史と呼べるくらい酷いものでした。

この春もいるであろう、大学デビュー組に向けて

私のような黒歴史を作らなくても良いように、

このショップで買ったらまぁ間違いは無いだろう、という

ショップをタイプ別に3つご紹介します。


無難でコストパフォーマンス重視

coen

スタッフスタイリング:


着る人を選ばないアメカジをベースにしているので

多くの人にお薦め出来るショップです。

また、アメカジは流行り廃りがあまりなく、

長い間着られるのでコストパフォーマンスも高くなります。

注意点は平凡になりがちという事。

↑のスタイリングのようにインパクトのあるカラーを

プラスすると今っぽくなります。

スタイリング例:

女子にオシャレと言われたい!

WEGO

スタッフスタイリング:


トレンドをいち早く取り入れたアイテムが中心なので

ファッションに興味のある女子にウケは良いでしょう。

かなり低価格なアイテムが中心なので

数年着られたらOK、という人には最適のショップです。

スタイリング例:


WEGO バイカラーロゴプルパーカ





WEGO カラースキニー


好感度の高いキレイ目ファッションに挑戦したい!

MEN'S BIGI

スタッフスタイリング:


画像引用元:http://zozo.jp/coordinate/?ts=1&sid=437&st=&stid=&cdid=346939

DCブランドブームの先駆けとなった日本の老舗ブランドです。

老舗らしいしっかりしたつくりのアイテムと

適度にトレンドを取り入れながらも

落ち着いたデザインが特徴。

ヤングラインのMEN'S BIGI FIRSTは価格もこなれており

大学デビューにぴったりのラインです。

スタイリング例:



MEN'S BIGI FIRST クールマックスジャケット



MEN'S BIGI FIRST バイカラーオックスフォードシャツ/ボタンダウン



MEN'S BIGI FIRST ストレッチチノ/スリムテーパード


こうやって色々調べてみると

最近は安くてオシャレな服が沢山あるなぁと

羨ましくなります。

これだけ低価格ファッションのレベルが上がり、

マニュアル的な情報も増えていると

私の様な黒歴史が生まれる事も少なくなっているのではないでしょうか。

それはそれで少し残念なような気もしますね。




※注
ここで述べられている内容は書き手の所属する組織・団体の主張を
代表・代弁するものではなくあくまでも筆者一「個人」としてのものです。

2014年3月27日木曜日

アリ?ナシ?これが今の女のコの平均像!



こんにちは。

自転車通勤中にがっつり雨に降られたので

風邪が心配な山田です。



現在発売中のCHOKi CHOKi 2014年5月号のキャッチコピーは



「おしゃれにモテる!!」。

春らしいテーマですね。

女のコが選んだおしゃれなのにモテる服ランキング「春のおしゃモテ服10」だったり
(おしゃれな服とモテる服は違うんですねぇ)

サロン系(死語ですねぇ)雑誌、CHOKi CHOKiらしい

「春モテはショート1択!」という髪型ページだったり

「モテ」を軸にした企画が並んでいますが、

興味深かったのはこのページ。



最新版 女のコの平均調査FILE

が興味深かったのでご紹介します。

10代後半から20代前半の女のコ300人のアンケート調査で平均をリサーチしたそうで、

その結果がこちらのイラスト。



これが今の女のコの平均だそうです。

好きなショップや1ヶ月にかける洋服代などの

ファッション関係の質問から

身長からバストサイズ、彼氏の彼氏の有無まで

様々なデータが掲載されています。

他にもLOVEデータとして



少しエッチなデータもあり。

気になる方は是非チェックしてみて下さい。

ファッション誌らしい企画としてこんなのも。



ファッションアイテムのアリナシだけでなく、

リュックの背負い方やロールアップの仕方、

はては女のコの呼び方まで様々な分野で

女子ウケと男子ウケを調査しています。

あまり気にしすぎる事もないと思いますが、

話のネタには面白いのではないでしょうか。





※注
ここで述べられている内容は書き手の所属する組織・団体の主張を
代表・代弁するものではなくあくまでも筆者一「個人」としてのものです。

2014年3月26日水曜日

これからのマス消費層?マイルドヤンキーが求めるファッションとは。



こんにちは。

昨日は犬の夜泣きで夜中に4回も起こされた山田です。




最近話題になっている「ヤンキー消費」。

週刊 東洋経済 2013年 3/2号





週刊 ダイヤモンド 2014年 2/22号





などで取り上げられており、

少し前でもネットでも話題になっていましたね。

こんな書籍も出ています。



メンズエッグの休刊ネタを皮切りに

今まで散々ヤンキー関連のファッションに関して色々書いてきた私としては


チェックしない訳にはいかないので

早速(といってもいつものように図書館で借りてでですがw)読んでみました。

以下、軽くレビューです。


・マイルド化するヤンキー

今のヤンキーはリーゼントや特攻服といった

アイコニックなファッションはしていません。

本書ではコワモテな印象で

悪羅悪羅系ファッションを身にまとい、

バイクやパチンコなどを趣味とする、

ヤンキー度の高い層を

「残存ヤンキー」、

そしてぱっと見では今どきの普通の若者とは大差がない、

しかし独特の嗜好を持ち特徴的な消費行動を取る層を

「地元族」

と呼び

このふたつを合わせた層を

「マイルドヤンキー」

と表現しています。


「地元での生活や地縁を

キープできるような消費ならば喜んでする、

という強固な消費意識」(p.28)

があるのがマイルドヤンキーの大雑把な特徴です。

例えば従来型ヤンキーが好んでいたのは

ツーシーターのスポーツカーや高級セダン、もしくは外車でしたが、

マイルドヤンキーは地元の仲間を大人数乗せるのに適しているミニバンを好みます。

ただ、実用性だけを重視している訳ではなく、

ミニバンの改造には大金を使い、

その外装も攻撃的でやんちゃなデザインが多いなど

従来型ヤンキーの傾向を残している部分もあります。


・強烈な地元への愛着

本書の主題のひとつになっているのが

マイルドヤンキーの強烈な地元への愛着です。

兵庫県高砂市に住む20代中盤の地元族夫婦は

海外旅行に興味は無く、

東京も大阪も行きたくない。

神戸にも「半年に1回程度なら仕方なく」「本当に嫌々」いくのみで

「基本的には、よっぽどの用事がない限り、加古川から出ません」(P.40)

という徹底っぷり。

東京都日ノ出市に住むアラサー夫婦は

「日の出の若者にとって、イオンは夢の国。

イオンに行けば、何でもできるんです」(P.58)

と語っています。




などなど。

幸か不幸か、私は今まで殆どヤンキーとは縁がない

人生を送ってきたので

「マイルドヤンキー」の生態はかなり興味深かったです。


本書ではこの後「これからの消費の主役に何を売るのか」と題し

「マイルドヤンキー」向けの製品、サービスなどが提案されています。

ファッション関連で言えば

「高級ブランドがおトクに帰る、かわいいアプリ」や

「ご近所に恥ずかしくない子供服」などが挙げられていますが、

正直私にはピンと来ませんでした。

「マイルドヤンキー」のメンズファッションを考えると、

既存の悪羅悪羅系ブランドや

ヤンキー御用達のドン・キホーテで売っている和柄デザインのアイテムでは

少しデザイン過剰なような気がします。

X-LARGEやSTUSSYなどのストリート系アメカジや

DIESELやREPLAYなどのイタカジなどと上手くミックスさせると

売れるのではないかな、と思いました。

(ダンス系ストリートと上手にミックスさせている例がEXILEプロデュースの24karatsだと思います)

この企画、結構アリな気がするんですが、どうでしょうねぇ。






※注
ここで述べられている内容は書き手の所属する組織・団体の主張を
代表・代弁するものではなくあくまでも筆者一「個人」としてのものです。

2014年3月25日火曜日

どこまで復活?最新トレンド「バブルファッション」。



こんにちは。

久し振りに歩いた神戸の繁華街、三宮の高架下で

やたらDIESEL系イタカジが多かったのが気になった山田です。



先日のエントリで

山田耕史のファッションブログ: 老舗ブランドは'80s、'90sリバイバルブームに乗るべきか?

MCMの日本再進出に関して書きましたが、

smart 2014年4月号を見てびっくり。



巻頭で6ページに渡って特集されていたのはなんと



MCMと同じくバブル期に一世を風靡したバッグブランド、

ハンティングワールド。

確かに'80sは最近のビッグトレンドのひとつですし、

MCMのバッグを持っている人は沢山見かけますが、

ハンティングワールドが流行っているとは聞いた事がありませんし、

原宿や渋谷のストリートでハンティングワールドのバッグを持っている人を

見かけた事はありません。

もしかして私が知らないだけで

ストリートでは流行の兆しがあるのか?

と思いFashionsnap.comで検索してみると、




画像引用元:http://www.fashionsnap.com/streetsnap/2013-01-13/23537/

引っ掛かったのはこちらの一件のみ。
(2014年3月25日現在)

ZOZOTOWNのwearでもハンティングワールドでヒットしたのは


画像引用元:http://wear.jp/coordinate/?tag_id=12687#!

こちらの一件のみでした。

因みにMCMだと結構な数が引っ掛かります。


画像引用元:http://www.fashionsnap.com/streetsnap/brand/MCM

つまり

MCMと比較すると

ハンティングワールドはトレンドブランドとは言い難い

と思います。
(私が把握していないだけで、実は流行っている!だったらごめんなさい)


では今何故smartで特集が組まれた(=smartに広告を出した)かを予想すると

昨今の'80sブームを知ったブランドが

「是非ともこの機に乗じて売上げ拡大を!」

と考え出稿に至った、という感じではないでしょうか。

確かにハンティングワールドのデザインは


画像引用元:http://www.huntingworld.com/japanese/

「一昔前のダサい」がトレンドになっている今の雰囲気に

マッチしているような気がします。

ブランドの若返りを図っているのでしょうか、

ミッキーマウスとのコラボ商品もリリースされています。


画像引用元:http://www.huntingworld.com/japanese/special/mk/


今の所、ストリートでは芽の出ていないハンティングワールドが

今後人気ブランドにステップアップするのでしょうか。

個人的には同時期に地図柄で人気だった


画像引用元:http://prima-classe.shop-pro.jp/?pid=68679238

PRIMA CLASSE(こんな名前のブランドだったと今知りましたw)なんかも

復活したら面白いかなーと思うのですが如何でしょうか。


今のバブルファッションリバイバルが終わった後、

どのブランドやアイテム、着こなし方やメイクが復活したのか、

またはしなかったのかを

検証してみると面白そうですね。





※注
ここで述べられている内容は書き手の所属する組織・団体の主張を
代表・代弁するものではなくあくまでも筆者一「個人」としてのものです。

2014年3月19日水曜日

セレクトショップのアウトレットはファッション初心者御用達?




こんにちは。

明日から急用で地元に帰る事になった山田です。



先日こんな2chまとめを目にしました。

こんな格好のくそださ大学生wwwwwwwwwww【働くモノニュース : 人生VIP職人ブログwww】

ここで槍玉に挙げられているのがこちらのアイテム。


画像引用元:http://workingnews.blog117.fc2.com/blog-entry-6954.html


裾裏にチェック柄の生地が縫い付けられ、

裾をロールアップするとチェック柄が見えるようになっているデザインのパンツです。

このデザインが流行し出したのは6年程前でしょうか。

そこから数年間、ロールアップデザイン一世を風靡しました。

セレクトショップや丸井系を中心に

メンズのパンツのデザインと言えばロールアップ一色になっていた時期がありました。

それから約6年。

上掲の2chまとめでは






25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/18(火) 22:39:20.36 ID:DkWuk8mi0 
裏地をわざわざ見せ付けるあれは相当ダサい
あれでチェックなら爆笑もの 


と馬鹿にされ、

コメント欄でも

  1. 名前:名無しビジネス #- | 2014/02/20(木) 21:56 | URL | No.:886700
    マジでロールアップしたらチェック柄が入ってるズボンとかダサすぎる
と散々です。
(擁護のコメントも多数ありますが)

ではロールアップデザインは何故ここまで罵倒されるようになってしまったのか。

その理由は

このデザインがマスまで広がりきって

「ファッショナブルでは無い人」も着用するデザインになってしまったからでしょう。


ファッションデザインの流行が拡散していくルートのひとつとして

コレクションブランド

セレクトショップ

マスマーケット

という流れがあります。

コレクションブランドが開発したデザインを

セレクトショップがショップオリジナルブランドのアイテムに取り入れる。

そしてそのセレクトショップのオリジナルブランドのデザインを

マスマーケットの量販店やSPAなどが取り入れる。

こんな流れがファッションデザインが世の中に広がっていく過程の一例です。


マスマーケットまで広がったデザインは

コレクションブランドやセレクトショップでは扱われないようになります。

実際に現在、マスマーケットに近いサカゼンのオンラインストアでも


画像引用元:http://item.rakuten.co.jp/h-zenmall/2218100089/

「時代に流されず不動の人気を誇る」

というキャッチコピーで紹介されてはいますが、

サイズ、色欠けがかなりあるので

商品は在庫がある限りではないでしょうか。

つまり、チェック柄ロールアップデザインは

「時代遅れ感」があるデザインである事がわかります。

サカゼンよりもトレンド性のある商品を扱うセレクトショップ、

ビームスやユナイテッドアローズのオンラインストアを見ても

チェック柄ロールアップデザインのパンツは見当たりません。

当たり前でしょう。

2chでダサいと叩かれるようなデザインのアイテムを

有名セレクトショップが置く筈がありません。


しかし最近、私はユナイテッドアローズやビームスのある店舗に

チェック柄ロールアップデザインパンツが置いてあるのを発見しました。

それはアウトレットです。

最近の大手セレクトショップのアウトレット業態は

レギュラー店舗の売れ残りである本来の意味のアウトレット商品は少数で

アウトレットの為に企画製造された

アウトレット専用品が品揃えの中心になっている事が

以前ネットで話題になりました。

立て続けに「アウトレット専用商品」に関する記事が : 南充浩の繊維産業ブログ

「アウトレット専用に開発・製造されました」コレって“アウトレット”? - ニュース - ニュース|週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト]

このチェック柄ロールアップデザインパンツも

ユナイテッドアローズやビームスのレギュラー店舗では見かけない

アウトレット専用品と思われますが、

何故トレンドファッションを発信するセレクトショップが

時代遅れ感のある商品を置いているのかというと、

それは売れるからでしょう。

という事はセレクトショップのアウトレットには

時代遅れ感のある商品を買う客が相当数いる。

つまり、現在のセレクトショップのアウトレット業態は

あまりトレンドに敏感でないファッション初心者や

ファッションにあまり興味がない層をターゲットにしている

という事がわかります。

(厳密にはアウトレットは老若男女多種多様な人が来るので
ファッション初心者やファッションにあまり興味がない層「も」でしょうが)


日本でアウトレットが増えだした90年代。

1999年に私の地元、神戸にもアウトレットが登場しました。

その頃のアウトレットは店頭の売れ残りやB品などが品揃えの中心だったので

まるで宝探しのようなワクワク感があり、

当時大学生で時間が有り余っていた私は

アウトレットによく通っていました。

(当時関西では展開が無かったフセインチャラヤンのアイテムを
神戸で見られる唯一の場所がオリゾンティのアウトレットだったのも良い思い出です。
わざわざ東京のバーニーズニューヨークで購入したリーバイスレッドが一年後
アウトレット叩き売られていたという悲しい思い出もありますw)

しかし、日本でアウトレットが市民権を得ていくのと並行して

少しずつお宝アイテムはアウトレット店頭から姿を消していき、

気づけばセレクトショップのアウトレット業態は

アウトレット専用品ショップに様変わりしていたのでした。

一部のファッションオタクにとっては残念な事ですが、

ファッション初心者やファッションにあまり興味がない層が

セレクトショップに最初に触れる場所になり、

その後一部はレギュラー店舗の顧客になるかもしれない、

と考えるとあながち悪い事でもないのかな、と思います。


因みに多くのセレクトショップ専用品の品質は値段相応ですが、

デザイン面でははかなり上手にトレンドを取り入れていると思います。

ファッション初心者でも着やすいように

トレンドを咀嚼して落としこんでいるので

あまり質にこだわらないのであればアウトレット専用品はお薦めです。




※注
ここで述べられている内容は書き手の所属する組織・団体の主張を
代表・代弁するものではなくあくまでも筆者一「個人」としてのものです。

2014年3月18日火曜日

Supreme、マー君、コムデギャルソン…ニューヨーク出張雑記。



こんにちは。

久し振りにリンパマッサージをしたらお肌の調子が良い山田です。



前回、前々回と2月末に行ったニューヨーク出張関連のエントリが続きましたが



今回は最後。

出張中に出会ったトピックスをご紹介します。


まず初日。

タイムズスクエアにあるニューヨークヤンキースショップのショーウィンドウです。


明るすぎる照明が映り込んでしまって見辛いですが、


一番目立つ所に田中将大投手のユニフォーム!

日本人観光客向けだとは思いますが、

ここまでマー君を前面に出しているとは驚きでした。


同じく驚きだったのがソーホーで出会ったこの光景。


この行列、なんと


Supremeの14SS立ち上がりの行列でした。

日本での行列は有名ですが、ニューヨークでも行列が出来ているとは。

並んでいる人は現地の10代~20代のスケーターっぽい少年が中心。

転売ヤーが多いのかなと思っていましたが、

純粋にSupremeを着ているような人達が並んでいたので

ニューヨークのストリートでも人気な事がわかりました。


初めて行くニューヨークで私が是非とも訪れたかったのがこちら。



コムデギャルソンです。

高級ブランドショップが立ち並ぶエリアにある

青山店やパリ店とは違い、周りに服屋は殆どゼロ。

ポツポツとアートショップなどが並ぶ地味なエリアにありました。

店内はゴールドで統一。

平日の夜でしたがお客さんは結構入っており、

当たり前ですが全身ギャルソンのアメリカ人のショップスタッフと

談笑していました。

あまり見る機会はないですが、外国人がコムデギャルソンを着ているのって

日本人とは雰囲気が全然違っていて楽しいですね。



今回訪れた街の中で一番気に入ったのがソーホー。


摩天楼のような高層ビルがなく、

空がちゃんと見えるので開放感があって良かったです。



アート関係のショップやオシャレな人も多く、

歩いていて楽しかったです。


最終日に訪れたのは最近人気上昇中のエリア、ブルックリン。

想像していたよりもかなり素朴な感じでした。  




ヴィンテージショップを中心に、

小規模ながらもこだわりが満載のショップが沢山。














ファッション系だけでなく、

お菓子屋や酒屋、キッチン道具屋なども

かなりのオシャレっぷりでした。













という事で今回でニューヨーク出張に関するエントリは終わりです。

行くまではあまり期待はしていなかったのですが、

やはり海外に行くと発見が沢山ありますね。

今回の出張で海外欲が高まったので

ずっとさぼっていたフランス語の勉強を再開させました。

こうやって刺激を受けるのも海外の良さですね。








※注
ここで述べられている内容は書き手の所属する組織・団体の主張を
代表・代弁するものではなくあくまでも筆者一「個人」としてのものです。