2014年2月27日木曜日

ファッション初心者にお薦めのメンズショップで打線組んだ(コーディネイト画像付き)。



こんにちは。

折り畳み傘の袋をなくしてしまい、地味にショックな山田です。


以前

山田耕史のファッションブログ: メンズセレクトショップで打線を組んでみた(コーディネイト画像付き)。

と題し、私のお薦めセレクトショップで打線を組んでみました。

その派生バージョンとして

今回は

ファッション初心者向けのお薦めショップ

という括りで打線を組んでみました。

ファッション初心者にお薦め出来るというのは

具体的には以下のような条件を満たしているショップの事です。


・比較的低価格

・路面店でなくショッピングセンターなどの中にあり、入りやすい雰囲気

・店舗数がそれなりに多い

・ファッション初心者でもコーディネートしやすいアイテムやテイスト


また、前回はセレクトショップだけに絞った打線でしたが、

今回はショップの形式に制限は設けておらず、

ユニクロやポイントのようなSPAも打線に入れています。

ショップ毎に対象年齢は書いてありますが、

全体的な対象年齢は10代中盤から30代前半くらいまでですが、

中には30代が着るには少し辛いショップもあるのでご注意下さい。


では打順です。


1 (遊) RAGEBLUE

2 (二) LOVE'S WEGO

3 (右) GLOBAL WORK

4 (一) GAP

5 (中) UNITED ARROWS green label relaxing

6 (三) coen

7 (左) AZUL by moussy

8 (捕) ZARA

9 (投) UNIQLO



では各打者の詳細です。

1 (遊) RAGEBLUE

メイン年齢層:10代後半~20代中盤


http://www.point.jp/rageblue/disp/CSfStylingPage.jsp?STYLING_NO=551837

トレンドアイテムをこなれた価格で提供しているRAGEBLUE。

素早くトレンドに反応するあたりが

俊足巧打の1番バッターという感じでしょうか。

特に大学生くらいの年齢の方にお薦めのブランドです。

ウェアや帽子、靴下などの小物、シューズそれからスーツも展開しており(今知りましたw)

大学生に必要な服の全てが揃うと言ってもいいブランドでしょう。


2 (二) LOVE'S WEGO

メイン年齢層:10代後半~20代前半


http://www.wegoblog.jp/loves-alpark/135766

原宿発信の最先端スタイルが10代の若者に人気のショップ、

WEGOのショッピングセンター業態です。

尖ったスタイルが持ち味のWEGOが

着やすくなったような印象です。

こちらも大学生にぴったりのショップだと思います。


3 (右) GLOBAL WORK

メイン年齢層:10代後半~40代前半


http://www.point.jp/globalwork/disp/CSfStylingPage.jsp?STYLING_NO=554638

RAGEBLUEと同じSPA企業、ポイントのブランドで

リラックス感のあるアメカジテイストが特徴です。

こなれた価格と誰にでも似合うテイストを兼ね揃えた

強打者です。


4 (一) GAP

メイン年齢層:10代後半~50代前半


http://www3.assets-gap.com/webcontent/0007/650/303/cn7650303.jpg

一時は世界一のファッション企業だったGAP。

今は一位の座を譲っており、

企画も少し新鮮さを失ってはいますが、

アメカジという着る人を選ばないテイストは

カジュアルファッションの王道と言ってもいいでしょう。

定価はやや割高に感じますが、

少し待つとGAP名物とも言える大幅値下げがあるので

気に入ったアイテムがあれば「待ち」が得策でしょう。

店舗数が多いので全国どこでも手に入りやすいのも魅力です。


5 (中) UNITED ARROWS green label relaxing

メイン年齢層:20代前半~40代前半


http://www.green-label-relaxing.jp/styling/2014/02/201402-39424.html

GAPやGLOBAL WORKがアメカジの王道なら

こちらはキレイ目の王道と言えるのではないでしょうか。

スーツなどビジネスウェアも揃っており、

大人のファッションの全てが揃うショップと言っても過言ではないでしょう。


6 (三) coen

メイン年齢層:10代後半~20代中盤


http://store.coen.co.jp/styling/20140210_220481.html

GAPやGLOBAL WORKと同じくアメカジをベースとしていますが、

ユナイテッドアローズらしい上品さと

トレンドを適度に取り入れたスタイルが魅力です。

個人的に将来は4番を狙える打者ではなかと期待しています。


7 (左) AZUL by moussy

メイン年齢層:10代後半~40代前半


http://azul-m.com/pc/snap/detail.cgi?volNum=19&gend=1&order=3

ブラックカラー、タイトなシルエット、スカルデザインなど

少しワルっぽいデザインが特徴のブランドです。

似合う人を選ぶテイストですが、

好きな人は好きなデザインではないでしょうか。


8 (捕) ZARA

メイン年齢層:20代前半~30代前半


http://www.zara.com/jp/ja/man/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%BE%E3%83%B3/%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%88%E8%A5%9F%E4%BB%98%E3%81%8D%E9%9D%A9%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3-c564607p1667884.html

世界一の売上げを誇るSPAであるインディテックスグループの

主力ブランドがZARAです。

細身でトレンド性が高いデザインが多く、

着こなせる人が意外と少ない気がするので

下位打線に落ち着きました。


9 (投) UNIQLO

メイン年齢層:ALL


http://www.uniqlo.com/jp/styledictionary/detail.html#/detail/2900

言わずと知れたユニクロです。

コストパフォーマンスの高さは周知の事実ですが、

ユニバレ、ユニ被りなどの危険性や

アイテムによっては野暮ったいシルエットのものもあるので

利用には注意が必要です。



如何だったでしょうか。

最初は簡単に打線を組めそうだなと思っていたのですが、

ららぽーとなどのショッピングセンターに入っているショップで、

という縛りでは

意外と打線が組みづらかったのが予想外でした。




さて、今回このようなエントリを書いた理由として、

以前からファッション初心者向けの情報が意外と少ないのが

気になっていたという事があります。

ファッション誌はファッション初心者には参考にし辛いですし、

書籍も使えるものはかなり少数です。

ですので。

前からコツコツと作業はしていたのですが、

近々私個人サイトとして

ファッション初心者向けの情報サイト

を立ち上げる予定です。

手始めにメンズから。

出来ればその内レディスもやって行きたいと思っています。

来月中には公開出来ればいいかなと思っています。

サイトに関する情報は当ブログでお知らせいたします。


追記
----------------------

メンズファッション初心者向け情報サイト、startFASHIONを開設しました。



お金がなくてもセンスがなくても

ある程度オシャレに見える服をご紹介しており、

全ての服はAmazonで購入出来るようになっています。






メンズファッション初心者の参考になり

ファッションの楽しさを感じてもらえるような

サイトを目指しています。

よろしくお願いします。

http://start-fashion.com/

----------------------









※注
ここで述べられている内容は書き手の所属する組織・団体の主張を
代表・代弁するものではなくあくまでも筆者一「個人」としてのものです。

2014年2月20日木曜日

異次元ハイテクシューズが世界新記録を産む?




こんにちは。

今日からニューヨーク出張に向かう山田です。






アディダスが6年かけて開発「スプリングブレード」国内発売日決定 | Fashionsnap.com

アディダスの新しいランニングシューズが話題です。

なんでも

16枚の高弾性ブレードはそれぞれが接地や足運びを考慮した長さや硬度に設定されているため踏込みを柔軟に緩衝(かんしょう)するのと同時に、ブレードの素材に同社独自のハイテクポリマー素材を用いたことで高い耐久性と安定性を兼ね備えている。
のだそうです。

このシューズを履けばタイムが早くなったり、歩数が少なくて済む可能性があるそうで、

テレビ東京のワールドビジネスサテライトでその検証をしてみたそうです。

こちらがそのニュースの書き起こしの記事です。

ワールドビジネスサテライト,2/13,トレンドたまご,スプリングブレード:ワールドビジネスサテライト.Log

こちらによると

従来の靴 183歩 52秒
スプリングブレード 歩数 ↓ 14歩 タイム ↓3秒弱
200mでこれだけの結果が出たとの事。

アンダーアーマーのスーツが原因? 米スピードスケート五輪チームの不振 : ギズモード・ジャパン

↑こんな報道もあるようですし、

今までよりもウェアやシューズが記録に影響を及ぼしそうです。

市販されているアイテムでもこれだけ高機能なものが出てきているという事は

トップアスリート用のワンオフアイテムには

我々の想像を絶するハイテクが導入されているのかもしれません。

実際今のサッカーのスパイクシューズはコンピュータが内蔵されていているものも

登場しています。

アディダスadizero f50で差をつけろ!頭脳を持ったスパイクアディダス | GIGAMEN ギガメン

その内F1みたいにオリンピックではハイテクウェア禁止!みたいになったりしそうですね。


※注
ここで述べられている内容は書き手の所属する組織・団体の主張を
代表・代弁するものではなくあくまでも筆者一「個人」としてのものです。

2014年2月19日水曜日

日本一のショップスタッフは誰?WEARフォロワー数トップ10ショップスタッフ編。


どうも、WEAR研究家の山田ですw




山田耕史のファッションブログ: WEARのメンズ、レディスのフォロワー数トップ10を調べてみた。

山田耕史のファッションブログ: オシャレな一般ピーポーってどんな感じ?WEARの一般人フォロワートップ10を調べてみた。

今までWEARのフォロワー数トップ10を

総合、一般人限定とそれぞれ出してきましたが、

もうひとつの切り口、ショップスタッフでも出してみました。

勿論レディス、メンズ両方です。

今、WEARで一番人気のショップはどこなのか。

どんなショップスタッフが人気を集める傾向があるのか。

どんな事がわかりますかねぇ。

集計は2014年2月12日にしました。

それではメンズからどうぞー。

1位







ビームス渋谷店。

1位は日本のセレクトショップの草分け、ビームスです。


2位







ビームスライツ渋谷店。

ビームスライツは旅をテーマにした比較的低価格なカジュアルを扱っています。

ビームスがワンツーフィニッシュです。


3位







FREAK'S STORE新宿メンズ店。

アメカジが得意なセレクトショップです。

トップ3はセレクトショップが占めました。

4位







TAKEO KIKUCHI名古屋パルコ店。

いわゆる丸井系の一角で

創業デザイナーの菊池武夫氏が復帰した事もニュースになりました。

タケオキクチは少し意外ですね。

5位







GDCTOKYO。

ドメスティックブランドGDCの東京店ですね。

短命なブランドが多いドメスティックブランド、

しかもスタイリスト発のブランドなのに

思えば結構長くやられてますね。




6位







MIDWEST TOKYO MEN。

ここでモード系ショップが入って来ました。

名古屋発のセレクトショップ、MIDWESTです。


7位







AVIREX。

ミリタリーアイテムを中心にしたカジュアルブランドです。

こちらもちょっと意外ですね。


8位







AVIREX船橋。

連続してAVIREX。


9位







Hour Chambers

名古屋のセレクトショップです。

ここに来て地方のセレクトショップがランクイン。


10位







AAPE。

あの裏原宿ブームの象徴である

A BATHING APEのセカンドラインです。


続いてレディス。

1位







Khajuルクア大阪店。

老舗セレクトショップ、シップスのトレンド性が強めのショップです。

東京が多かったメンズに対し、

レディスの1位は大阪です。


2位







ビームスライツ渋谷店。

メンズ同様2位はビームスライツ。


3位







CANALJEAN神戸店。

1位に続き関西のショップ。

大阪発のセレクトショップです。

レディスは関西が強いですね。


4位







ParAvion松山店。

こちらは四国。


5位







MIDWEST TOKYO WOMEN。

メンズでは6位に入っていたMIDWEST。

これは偶然なんですかねぇ。


6位







MAISON DE REEFUR代官山店。

モデルの梨花がディレクションを務める人気ショップです。


7位







K・B・F南船場店。

またも大阪のショップがランクイン。


8位







ビームスボーイ梅田。

またまた大阪です。

ビームスは強いですね。


9位







Another Edition。

複数の人が出ているので

どの店舗の誰、という訳ではなく

Another Edition共通のアカウントのようです。

こーゆーやり方もありなんですね。


10位







ビームスボーイ原宿。

またも登場のビームスボーイ。


という事でまとめとしては


・ビームス強し

・レディスは関西が人気

・地方の個店セレクトショップも勝機あり


という感じでしょうか。

メンズ、レディスの各トップ10の中で

ユナイテッドアローズ系列は1人、

ベイクルーズ系列に至ってはゼロだったにも関わらず、

ビームス系列は5人と圧倒的な人気。

ECに積極的で大手セレクトショップの中でも一番の

EC比率を誇るユナイテッドアローズが少なかったのが意外でした。

ランキングはマスな人気を誇る大手セレクトショップが中心ですが、

モード系セレクトショップのMIDWESTや

丸井系のタケオキクチも入っているなど、

テイストのハードルもあまり無い模様。

レディスで関西が多かった理由はわかりませんが、

雑誌の露出では東京のショップが中心で

有名なショップスタッフも東京の店舗のスタッフが殆どだと思うのですが、

WEARでは東京偏重にはなっていないようです。

また、メンズのトップ10に地方の名古屋のセレクトショップが入っているように

(因みに私はこのショップを知りませんでした。

恐らく全国的に有名だとは言えないショップだと思います)

知名度で劣る個店でもWEARを上手く使えば

多くのフォロワーを獲得するのが可能である事が

証明されたのではないでしょうか。



※注
ここで述べられている内容は書き手の所属する組織・団体の主張を
代表・代弁するものではなくあくまでも筆者一「個人」としてのものです。