2012年12月20日木曜日

セール後倒し論争について思う事。


今年の冬のセールも伊勢丹は時期を後倒しにするようですね。

参考:冬のセールで三越伊勢丹とアパレル各社が全面戦争?



ネットのファッションブログ論壇(まぁなんとも人口の少ない分野だ)では

セール後倒しは叩かれまくっていますね。

あと、伊勢丹叩きも凄い。

何故なんでしょうかね。

(業界のエライ人、教えて下さい)



私は後倒しは賛成です。

今年の冬も寒くなるのは遅く、

防寒アウターを着だしたのも12月に入ってから。


秋にプロパーで冬アウターを購入する人なんて

ひとつまみのファッション好きだけで


普通の人なら、12月にプロパーで買うよりも

1ヶ月待って半額で買うでしょう。

ファッション業界にいる私でもそうします。


そう考えると冬物のセールは

寒さが本格化する2月でもいいくらいではないでしょうかね。



…と思っていた時、目にしたのが冒頭の画像。


今週のWWDです。


伊勢丹は今後も後倒しを継続するつもりなんですね。

この姿勢は素晴らしいと思います。

消費者にとって、セールが年始にあるという事は

長年の習慣であるに過ぎないと思います。

その習慣を崩すには、それが醸成されたのと同じか

それ以上の年月が必要となってくるのでしょう。


いつか、松本人志が何故大晦日に民放各局が

NHKの紅白歌合戦に勝てないのかを語っていました。

それは長い年月をかけて「大晦日=紅白歌合戦」という習慣が

出来上がってしまっているだけで、

民放は紅白に勝てないからと言って

毎年内容を変えるからいけないのだと。


セールの時期も同じなのではないでしょうか。


伊勢丹にとっては数年もしかしたら数十年続く

茨の道でしょうが今後の継続に期待したいと思います。




※注
ここで述べられている内容は書き手の所属する組織・団体の主張を
代表・代弁するものではなくあくまでも筆者一「個人」としてのものです。

2012年12月5日水曜日

トレンドは巡る…懐かしのcosby。

ユナイテッドアローズの小木 ”Poggy” 基史氏のブログを見ていると

懐かしいブランドが登場していました。


「cosby」のバッグです。

1980年生まれの私は確か中学生の時にバックパックを持っていたような…

周りでもペンケースやこんなドラムバッグ


を使っていた人が多かった記憶があります。

因みにこのcosby、調べてみるとアイスホッケーのウェアが原点のようです。


こうやって私が「懐かしい!」と思うブランドが復刻されているのは

私と同年代の30代の人が企画に携わっている所が増えてきた証拠なんでしょうね。

今後は私が中学生時代に愛用していたパーソンズなんかも


復活するかもしれませんね。





※注
ここで述べられている内容は書き手の所属する組織・団体の主張を
代表・代弁するものではなくあくまでも筆者一「個人」としてのものです。

2012年12月3日月曜日

無料でボクサーブリーフが貰える「フリパン」が届きました。

男性用のボクサーブリーフが無料で貰えるサービス、

フリパン



今年8月に登録を開始しており、

その時に話題を目にした方も多いのではないでしょうか。

私が登録してから3ヶ月程経ったと思いますが、

やっと初回のパンツが今日送られて来ました。


こんなボックスに入って来ました。


Amazonのようなダンボールです。

開けてみたら…


意外とポップなカラーリングのボクサーブリーフ1枚と


「フリパン送付のお知らせ」が。


ボクサーブリーフはこんな感じです。


右部に広告が入っていますね。



「スポプレ」という聞き覚えのない名前。

気になってググってみたらこんなスポーツのフリーマガジンサイトでした。

…と、こういうのがフリパンの目的なんでしょうね。

私はフリパンに登録した情報で趣味趣向の欄に「スポーツ」と

記入したのでそれを反映した広告なのでしょうね。


さてさて、ボクサーブリーフの詳細です。


バックスタイルはこんな感じ。

裏返して


前面と


後面。

品質タグのアップ。


中国製で綿95%、ポリウレタン5%の組成となっています。

アイテムの感想ですが、

「タダで貰えるならまぁありかな」

というレベルです。

ユニクロと比べると品質はかなり劣っており、

100円均一で売っているような感じです。

肌触りを気にする人には少し厳しいアイテムかもしれませんが、

毎月無料で送られてきてヘタる前に交換できますし、

着心地にあまりこだわりの無い人なら問題ないでしょう。

私も何回か穿いてみて、その内穿き心地をレポートしたいと思います。


この「フリパン」が面白いのは下着に注目した所。

パンツの広告を目にするのは着用する本人と家族、パートナーくらいだと思いますが、

その限られた人数を対象とした広告にどれだけ効果があるのでしょうか。

今後、このビジネスが継続していけるのかが注目ですね。




※注
ここで述べられている内容は書き手の所属する組織・団体の主張を
代表・代弁するものではなくあくまでも筆者一「個人」としてのものです。