2012年9月28日金曜日

純一掛けの次はマチャアキパンツ?

12SSからショップスタッフを中心に盛り上がり始めた純一掛け


その盛り上がりっぷりはElasticでも取り上げられています。

別名プロデューサー掛けとも言うようです。

Elasticで取り上げられていたのは

メンズノンノやビギンなど、比較的年齢層もファッション感度も高めの雑誌でしたが、


最近はストリートジャックなどのティーンズ雑誌にも登場。



今後も拡大していきそうな着こなしです。



今シーズンはレディスでもメンズでもレトロ、クラシックが

トレンドテーマのひとつになっており、

一時期はダサさの代表選手だったケミカルジーンズが復活しているように、

80年代のファッションが最注目されています。

この純一掛けもそのひとつですが、

最近ネットを徘徊していて気になったのがこちら


秋色カラートラウザー。

その名もマチャアキパンツです。

「堺 正章さんはカラーパンツをはいている人」それがテレビのこちら側の共通認識。
というのがその命名の理由だそうですが、

マチャアキってそんなにカラーパンツを履いていましたっけ…?

まぁちょっと疑問は残るのですが、

なんかキャッチーでクスっと笑ってしまうネーミングが良いですね。

こんなちょっとぬけた感じのある面白いネーミングが今後増えそうな感じです。





※注
ここで述べられている内容は書き手の所属する組織・団体の主張を
代表・代弁するものではなくあくまでも筆者一「個人」としてのものです。

2012年9月27日木曜日

ミハラヤスヒロ氏の自宅公開。

日本人デザイナーでこういうのは珍しいのではないでしょうか。

家の中でスケボーが乗れるとは、どれだけ広い豪邸なんでしょうねぇ。












※注
ここで述べられている内容は書き手の所属する組織・団体の主張を
代表・代弁するものではなくあくまでも筆者一「個人」としてのものです。

2012年9月24日月曜日

スパイベルトに見るトレンドプロダクトがマスに落ちるまでのスピード。

パクリパクられ、というのがファッション業界の現実ですが、

今回はこちら、

















スパイベルトがパクられマスまで広がっていくスピードを実感したので

それをご紹介しようと思います。


こちらがスパイベルトのオフィシャルサイト。

ググってみましたが1998年に発売されたようです。

こちらの記事は1999年。

記事で限定店舗で販売と紹介されているように、

この時期にスパイベルトの事を知っていた人はかなり少数だったのではないでしょうか。

よほどのスポーツ愛好者でないと知らない商品だったのでしょう。



私がこのアイテムを初めて見たのは

はっきりとは覚えていませんが多分2005年くらいだと思います。



スパイベルトが徐々に知名度を上げていき、

市場に認知されるようになったのは2008年くらいでしょうか。

スポーツ用品店でもよく目にするようになった記憶があります。



その後、おそらく2010年だったと思うのですが、

私はスパイベルトのパクリ商品をダイエーで購入しました。


価格は980円くらいだったと思います。

この時点でスパイベルトはかなりのマス向け商品となっています。



それから2年。

つい先日、ダイソーのブログに↓がアップされていました。










こちらが元記事です。

(因みに↑のブログ、ダイソーのオフィシャルブログです。全然そうは見えませんが…)

価格は105円。

ここまで来ると完全にマスに広がった商品と言えますね。


現在2012年、という事はスパイベルトがマスまで拡大するのに

必要とした年数は13年!

これは長いのか短いのか?

他のアイテムでもこうやって調べてみたら面白そうです。




※注
ここで述べられている内容は書き手の所属する組織・団体の主張を
代表・代弁するものではなくあくまでも筆者一「個人」としてのものです。

2012年9月18日火曜日

アパレルECサイトへの要望Part1:アイテム画像を大きくして欲しい。

企画会社という仕事柄、私は色々バラエティのある仕事をしているのですが、

その中でも数多くのアパレルECサイトを閲覧する機会が多くあります。

そこで気付いた所を幾つかツッコんで行こうと思います。


で、今回のネタはアイテム画像。

結論をシンプルに言ってしまうと

どのサイトもアイテム画像が小さ過ぎる!

のです。

スクリーンショットを撮影してあるので具体的に見て行きましょう。

因みに解像度は1280×1024です。

まずはナノユニバース。


…これ、アイテムのデザインわかります?

シャツはシャツである事、くらいしかわかりませんよね。

続いてビームス。




ここも同様。

他にもユナイテッドアローズやパルグループなどのセレクト勢、

マガシークやパルコシティなんかも小さい画像でかなり見づらくなっています。


で。

私が知っている中で唯一この問題に対処しているのがZOZOTOWNなんです。

画像サイズの大小が選べ、大きくした画面がこちら。



これなら柄やディティールなど、デザインがかなりわかります。


やっぱり業界のリーダーは違いますねー、と思ったのですが

そもそもナノユニバースやユナイテッドアローズはZOZOTOWNがECの運営を支援している筈。

どうしてこうなってしまっているんでしょう?

疑問です。





※注
ここで述べられている内容は書き手の所属する組織・団体の主張を
代表・代弁するものではなくあくまでも筆者一「個人」としてのものです。

2012年9月11日火曜日

13年秋、注目のイージーデニムをまとめてみた。

13春にヒットしたエドウインのジャージデニム。

今秋は各社、と言っても私が確認出来ているのは3社だけですが

追随する動きが出ています。

比べてみると素材や仕様など各社色々違いがありましたので

それを簡単にまとめてみました。


まず本家エドウインのジャージーズです。



・キャッチコピー

スゴイらく。ラクしてカッコイイ、ヤメラレナイはきごこち。

・価格

¥8,295

・素材

綿 75%、ナイロン 20%、ポリウレタン 5%

ジャージの編み方でも、スウェットの編み方でもなく、
ジーンズの外観を再現するために糸から作った新感覚の素材「ジャージーデニム」


・ウェスト仕様

ゴム、ドローストリング

・フロント仕様

ボタンあり、ジップあり

・カラー展開

2色

・シルエット、デザイン展開

ストレートテーパード


お次はユニクロのデニムイージーパンツ


・キャッチコピー

本格デニムの風合い漂うデニムイージーパンツ

・価格

¥1,990

・素材

綿81%・ポリエステル17%・ポリウレタン2%



リラックスできる着用感でありながら、本格デニムのような風合いに仕上げました。

・ウェスト仕様

ゴム

・フロント仕様

ボタンなし、ジップなし

・カラー展開

4色

・シルエット、デザイン展開

なし


最後にライトオンのPB、BACK NUMBERのRelaxyです。




・キャッチコピー

見た目はデニム!BACK NUMBERのRelaxyイージー

BACK NUMBERのRelaxyイージーはダークカラーで美脚を強調

BACK NUMBERのRelaxyベーカーでおしゃれもこだわり

・価格

¥6,900

・素材

オンラインショップに記載なし



デニムのようでいて実はスエット。

・ウェスト仕様

ゴム、ドローストリング

・フロント仕様

ボタンなし、ジップなし

・カラー展開

2色

・シルエット、デザイン展開

ストレートベイカー


と、こんな感じです。

表にしてみました。



エドウイン ユニクロ ライトオン
キャッチコピー スゴイらく。ラクしてカッコイイ、
ヤメラレナイはきごこち。
本格デニムの風合い漂う
デニムイージーパンツ
見た目はデニム!BACK NUMBERのRelaxyイージー
BACK NUMBERのRelaxyイージーはダークカラーで美脚を強調
BACK NUMBERのRelaxyベーカーでおしゃれもこだわり
価格 \8,295 \1,990 \6,900
素材 綿 75%、ナイロン 20%、ポリウレタン 5% 綿81%・ポリエステル17%・ポリウレタン2% オンラインショップに記載なし
素材キャッチコピー ジャージの編み方でも、スウェットの編み方でもなく、
ジーンズの外観を再現するために糸から作った
新感覚の素材「ジャージーデニム」
リラックスできる着用感でありながら、
本格デニムのような風合いに仕上げました。
デニムのようでいて実はスエット。
ウェスト仕様 ゴム、ドローストリング ゴム ゴム、ドローストリング
フロント仕様 ボタンあり、ジップあり ボタンなし、ジップなし ボタンなし、ジップなし
カラー展開 2色 4色 2色
シルエット
デザイン展開
ストレート、テーパード なし ストレート、ベイカー

同じ様なアイテムでも結構違いがあるもんなんですね。

打ち出し方でいうと

快適性をアピールのエドウイン

素材の風合いを強調しているユニクロ

デザインバリエーションが豊富なライトオン

と各社違っていますね。

今後の売れ行きが気になります。





※注
ここで述べられている内容は書き手の所属する組織・団体の主張を
代表・代弁するものではなくあくまでも筆者一「個人」としてのものです。