2010年7月29日木曜日

20100729 Dickies x UNDERCOVER, N. Hoolywood & Takahiro Miyashita Collection

伊藤忠商事、イメージキャラクターに市井紗耶香さん

先日明治通りにK・SWISSの新しいお店が出来ているのを発見したので
覗いたんですが、
K・SWISSのブランドイメージに似合わないハイテクシューズがありました。
今更リアルスポーツ市場に参入しても割が合わないし、
K・SWISSのブランドイメージでは厳しいのではないでしょうか。
Wilsonのようにレトロスポーツのウェアで攻めていけば
少しは可能性があると思うのですが。


Moncler V Lookbook

Monclerとvisvimデザインラインです。
双方の良い所があまり出ていないような…
あまり見所がないように感じました。

Dickies x UNDERCOVER, N. Hoolywood & Takahiro Miyashita Collection

蔓延しているディッキーズコラボの一部や、
↑では宮下貴裕氏の商品を見て思いますが

「これディッキーズでやる必要あるか?」

あまりに元デザインから離れるのってどうかなと思うんですが。

ミズノ 「ミズノクリエーション」投入

中国にミズノクリエーションを投入との事。
日本でもそんなに売れてる感じはしないんですが、
東京での中国人観光客のデザイナーブランド買い漁りっぷりを
見ていると「もしかしたら中国での方が売れるのでは?」
なんて一瞬思ったりします。

カフェや農業で活躍するリアルなワークウェアブランド「PLAYWORK」誕生

着眼点は面白いと思いますが、
何故にカフェと農業?
農業なら農業でそこに集中、
あるいは農業に近いジャンルで展開していけば
楽しくなりそうです。

2010年7月21日水曜日

20100721 無印良品がサイズ展開を一新、みんなの服へ

無印良品がサイズ展開を一新、みんなの服へ

今まで無印の服はデザインや素材が良いと思って試着しても
「もっさりシルエット」で購入を辞める事ばかりでした。
今後は更にもっさりになるみたいですね。
年齢層を広げたいのでしょうが、これはどういう結果になるでしょう。
ここ数年続いていたタイトシルエットから徐々に
シルエットがルーズになる傾向がありますので、
そこにハマればヒットの可能性もありますね。

ルーズシルエットと言えば森ガール。
もし森ガールがゆるゆるファッションで実際に『森』へ入ったら
ネタです。

東レ×ユニクロ「戦略的パートナーシップ」 第二期5ヵ年計画について

ユニクロを「ファストファッション」にカテゴライズしている事は
いい加減辞めてもらいたいですね。
コレクションを筆頭にトレンドデザインをいち早くパクって
世に出すのがH&MやFOREVER21などのファストファッションブランドであって、
ユニクロはこうやってかなりの長期戦略モノづくりをしている
ファストファッションとは真逆のやり方なのですから。

チャオパニックが初の百貨店業態への出店

そう言えば無かったか、という感じです。
今回のセールでも各セレクトショップの中でチャオパニックの
レジ待ち行列の長さはかなりのものでした。
ここ数カ月、チャオパニックはいい感じな印象です。

カッコイイ写真と共に語られる歴史『メンズウェア100年史』

これ、欲しいんですけど結構高いんですよね。
なんとかして会社で買ってもらえないかなぁ。

2010年7月17日土曜日

20100717 メルシーボークー、から低価格の妹ブランドがデビュー

メルシーボークー、から低価格の妹ブランドがデビュー

ブランド名は
「jevous enprie!(ジュヴゾンプリ!)」
う~ん。。。
最近のエイネットの顧客はこんなネーミングを
笑えるようなセンスなのですかねぇ。

昔のエイネット、特にZUCCaやTSUMORI CHISATOは
その親と言うべきイッセイや、多大な影響を受けたであろう
コムデギャルソンの精神を受け継ぐ継承者、って感じだったのですが、
ここ数年でかなり様変わりしてしまいましたね。
高尚なモードファッションよりも
THIS IS TOKYOなポップファッションの方が数字が出るんでしょうかね。

"GYAKUSOU"

UNDERCOVERによるNIKEのランニングウェアーラインが始まるようです。
個人的にはここ数シーズンのUNDERCOVERは
「デザインの為のデザイン」といった感じのコレクションで
あまり好きでは無かったのですが、
11AWは先だって発表されたプレゼンテーション形式からもわかるように
かなり生活に密着したコレクションのようなので、
期待をするようにしています。
NIKEはわざわざ有名デザイナーの手を借りなくても
格好良いアイテムが沢山あるので
高額(に確実になるであろう)を払う価値のある
コレクションになるかどうか、見物です。

追悼・アレキサンダー・マックイーン
彼の残した、偉大なものたちとは?


私は↑のとなった記事を読んだのですが、
これはかなり面白かったのでお薦めです。
特にマックイーンの関係者に対するインタビュー。
興味深かったのはバスストップの社長へのインタビューです。
普通こんなインタビューはデザイナーや、ジャーナリストが殆どで
企業のトップが対象になるのはとても珍しいと思います。

2010年7月16日金曜日

20100716 せーの 新コレクションブランド「ヘッドライナー」立ち上げ

せーの 新コレクションブランド「ヘッドライナー」立ち上げ

109-2でも独自の、殆ど丸井系のようなテイストの
ヴァンキッシュを擁するせーのが送り出すコレクションブランド
…あまり良い予感はしないのですが。。。
クリエイティブディレクターが元Roenとの事で確実に
あっち系のテイストになるんでしょうね。
あのテイスト(ラグジュアリーロック系とでも言えばいいのかな?)は
安定した需要はあるでしょうが今更新規参入するほど
旨味があるようにも思えませんね。
全く新しいテイストでお兄系の新境地を切り開いてくれると
面白いのですが。

しかし、クリエイティブディレクターの

吉田狼鐘音(ヨシダロベルト)氏

なんたるDQNネームかと思いましたが
ご本人のブログ
お顔を拝見すると「なるほど」と思えるお名前ですw


合繊メーカー・スポーツ部門 海外生産を加速

国内スポーツ市況を「変わらない」と予測しているのには
軽く驚きました。
トレンド的には拡大しても良さそうなんですが…
まぁ不況は続くでしょうしその観点からも鑑みれば
「変わらない」のかもしれませんね。

中国内需に期待との事ですが、上海在住の知り合いに聞いた所
現時点で上海市民のスポーツウェアの需要はまだかなり低いようです。
先の長い戦略になりそうです。

2010年7月15日木曜日

20100715 大型すぎる新人(??)現る!!!!

大型すぎる新人(??)現る!!!!

さんの記事を出発点に、↑の情報に行き着きました。
元「時しらず」ディレクターの市之瀬智博氏が
セレクトショップLui'sの企画やバイイングに携わるとの事。

Lui'sと言えば、10年程前に大阪梅田のギャレ大阪にあった
店をちょくちょく覗いていたのを思い出します。
最近行ってなかったのですが、調べてみたら今もあるみたいですね。
当時はかなりとんがったデザイナーブランドを扱っていた記憶があるのですが
最近はあまりぱっとしない印象でした。

正直、市之瀬氏(=時しらず)とLui'sってイマイチ重ならない
気がするんですが…取りあえず期待です。

長く履ける靴は、ココを見ればわかる!いい靴、悪い靴の見分け方10

年中スニーカーの私にはあまり関係はないのですが、
世の男性諸氏には参考になるのでは。

2010年7月14日水曜日

20100714 アシックス、スウェーデンアウトドア大手ホグロフス買収

アシックス、スウェーデンアウトドア大手ホグロフス買収

これは面白そうな動きですね。
アシックスとホグロフス、どちらも真面目で機能性を大事にした
商品を創っている企業ってイメージです。
特に私はアシックスに対して特別の愛情を持っているので
今後更に注目して行きます。

ファーストリテイリング、グラミン銀行とソーシャルビジネス始動

今日一番のビッグニュースはこちらですね。
将来に向けた投資という事でしょうか。

U-JIN x MANGART BEAMS T

30歳前後の男性には知名度&お世話になった度100%ではないでしょうかw
BEAMSの遊人Tです。
デザインバリエーションも。
街で着ている人に出会ったらリアクションに困りそうですがw

2010年7月6日火曜日

20100706 エーグル×スタジオジブリのコラボバッグ

エーグル×スタジオジブリのコラボバッグが発売されます

そういえば「仕立屋スタジオジブリ」はどうなったんだ?
と思ってググってみたら
http://www.shitateya-ghibli.com/
公式サイトと思われる所がこんな事に。
栄枯盛衰、というかこのブランドには「栄」があったのかも疑問ですが…

横浜の次は大阪!? マルキュー 阿倍野に誕生

阿倍野は数回しか行った事がありませんが、この商業施設は
どこに出来るんでしょうね。
阿倍野というと近鉄とミオのイメージです。

和製ファストモデルも再構築の時?

元切り上げの事もありますし、ある程度の値上げは致し方ないのかもしれません。

砂浜を走るような感覚のトレーニングシューズ「RunTone」――リーボック

これは昔やってたDMXみたいな感じなのでしょうか。
昔からリーボックはテクノロジーをデザインと融合させるのが
下手ですねぇ。唯一の成功例はポンプフューリーですが。

2010年7月3日土曜日

20100703 B&Y 2010年 人気の秋冬アウター受注会

B&Y 2010年 人気の秋冬アウター受注会

ショート丈ウールコートの人気はこの冬が最高潮でしょうね。
恐らくダッフルが売れ筋になるのではないかと踏んでいます。
↑でもウールコートはPコート×2、ダッフル×4で
ダッフルに比重が置かれていますね。

新規Webビジネス「ソーシャルネット」がスタートします

つまり百貨店が窓口のブランドリサイクル?
リサイクルに人気が集まっているからそこへの便乗でしょうか。
でも、ブランドものを沢山買っているお金持ちには嬉しいかもしれないですね。
わざわざリサイクルショップに売りに行くのは面倒だし、
小銭を稼ごうとしているみたいでなんか格好悪い。
いつも自分が買い物に行っている百貨店なら楽です。
このニュースを最初見たときは「?」と思いましたが
よく考えると結構良いかも。