2016年8月19日金曜日

東京オリンピックで日本代表のユニフォームを手掛けるデザイナーを予想してみた。



【このエントリのポイント】とりあえず高島屋はやめましょうよ。

こんにちは。

やはりラルフローレンは偉大だと思う

ファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。

今朝目にしたこのニュース。

リオ五輪、日本はダサすぎ?ドン小西さん「せっかくの選手の活躍が」 - withnews(ウィズニュース)

結構話題になっているリオオリンピックの日本のユニフォームの残念さについて語っています。

私がこの記事で面白いと感じたのはこの部分。

 ユニホームは、機能とともに、審美性、時代性、テーマを盛り込むもの。ならば「今」の日本を象徴するようなデザインだったり、もっとも旬なデザイナーを使ったりするべきでしょう。
 世界で活躍する次世代デザイナーはたくさんいる。今だったらサカイやハイク、ジュンヤワタナベなんていいんじゃない?
まさかドン小西さんからサカイやハイクなんてブランドが出てくるとは意外でした。

これだけ世間が盛り上がったのですから、

次回の東京オリンピックでは高島屋に発注することはまさかないでしょう。

他国のようにファッション感度の高いデザイナーを起用する筈です。

【まとめ】どの国がおしゃれ?リオ五輪に向けて各国のユニフォームが続々発表 | Fashionsnap.com

そこで勝手に東京オリンピックで誰が日本代表のユニフォームを

手掛けるか予想してみました。

本命: 阿部千登勢(sacai)


http://www.fashionsnap.com/inside/fukubito-sacai-abe/

ドン小西さんと同意見になってしまうのは避けたかったのですが、

現時点で日本を代表するデザイナーであることは間違いないでしょう。

NIKEとのコラボの実績もあるのでセレモニー用だけではなく、

実際の競技用も手掛けて欲しいですね。


http://www.fashion-press.net/news/15433

対抗: 森永邦彦(ANREALAGE)


http://www.fashionsnap.com/live/anrealage/43991/

セレモニー映えする衣装を創ってくれること間違い無し。

ライゾマティクスやチームラボなどと組んで

未来の開会式をやってもらいましょう!



大穴: NIGO(HUMAN MADE・元 A BATIHNG APE)


https://hypebeast.com/2015/9/nigo-appointed-as-new-creative-director-of-yoho

もしかしたら日本のファッションクリエイターの中でも随一と呼べる

知名度を誇っているのではないでしょうか。

日の丸を意識した紅白の迷彩とか・・・駄目ですかね。

ある意味日本 独自で海外にも受け入れられたファッションだと思うのですが。


http://item.rakuten.co.jp/moncachette/107857637/

いかがだったでしょうか。

日本のファッションデザイナーと言えば誰もが思いつく

三宅一生、山本耀司、川久保玲の御三家や高田賢三によるユニフォームも

個人的には見てみたいのですが

やはりここはそれよりも若い世代にやってもらいたいので選外にしました。

川久保玲の真っ黒ユニフォーム、見たいですけどね。


最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも随時呟いていますので

よろしければフォローしてみて下さい。




※注
ここで述べられている内容は書き手の所属する組織・団体の主張を
代表・代弁するものではなくあくまでも筆者一「個人」としてのものです。

このエントリを書いた人
山田耕史

ファッションアナリスト
詳しいプロフィールはこちら
 

2016年8月1日月曜日

ジーンズが世界中に広まった理由。



【このエントリのポイント】アメリカが第二次世界大戦の戦勝国になったからジーンズは世界中に広まった。

こんにちは。

未だに90年代レプリカジーンズブームの時に買った

ジョンブルの501レプリカを愛用している

ファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。




ずっと疑問に思っていた事がありました。

それは

「なぜジーンズが世界中に広まったのか」

という事です。

ジーンズは世界中で着用されています。

アジア、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ。

先進国でも発展途上国でもどこでもジーンズは見かけます。

いや、見かけるというよりも

「全世界の標準服」と言っても良いくらいの普及度ではないでしょうか。

私はジーンズが広まった理由が「汚れてもいい」という機能性から、

と考え以前当ブログにも書きましたが、

山田耕史のファッションブログ: ジーンズは「汚れてもいい」から広まった。

その自分の考えを覆してくれる本に出会えました。

それがこちら。



著者は伝説のメンズモード誌MRで毎号ひとつのアイテムの歴史を紐解く

連載をされていた服飾評論家、出石尚三氏です。

ミュージシャンや映画スター、政治家などが様々な著名人が

どのようにジーンズを着用していたのか、という事に焦点を当て

ジーンズの歴史を綴る、という内容ですが、

これを読んで私の疑問はあっさり氷解しました。

・ジーンズ=アメリカ

早速答えを明かしてしまいましょう。

何故ジーンズが世界中に広がったか。

それはアメリカが第二次世界大戦で勝利したからです。

アメリカのゴールドラッシュ期に労働者の為のワークウェアとして生まれたジーンズは

徐々にアメリカ国内でその着用者層や着用シチュエーションを広げていきますが、

それが国外まで広がったのは第二次世界大戦後でした。

敗戦国である日本はアメリカの、ドイツはアメリカを含む四カ国の統治下に置かれ、

アメリカの文化が徐々に広がっていきます。

それは敗戦国だけではありません。

連合国軍(アメリカ)に首都パリを解放されたフランスや戦後疲弊したイギリスなど、

ヨーロッパ諸国でアメリカの援助を仰いでいたところは少なくありません。

そこに流れ込むのはお金と物資。

物資の中には衣料があり、その中には勿論ジーンズもありました。

ジーンズが広まったのは第二次世界大戦の唯一の勝ち組と言えるアメリカの

力の証とも言えるのです。

・天才に嫉妬される服、ジーンズ


本書では様々な有名人のジーンズに関するエピソードが語られていますが、

その中でも印象的だったのが「ジーンズは天才から嫉妬される存在だった」

という事です。

例えばアンディウォーホルは

ブルージーンズの話をしていてリーヴァイとストラウスに妬けてしょうがなかった。
ぼくもブルージーンズみたいなのを発明したかった。
あれだけ大衆的で、人に覚えてもらうものをさ。

と語り、イヴサンローランは

出来ることなら私がブルー・ジーンズを発明したかった。
ブルー・ジーンズはそれ自体が「表情」を持っており、
あくまで謙虚で、セックス・アピールに富み、
しかもシンプルな美しさがある。
これらは私が服のデザインに求める重要な要素だから。

と述べています。

アートとファッション、二つの分野の歴史に燦然と輝くスターが揃って

その存在に嫉妬するのがジーンズ。

もしかしたら戦争というきっかけがなくても

ジーンズは世界を席巻するカジュアルウェアになっていたのかもしれません。

そんなジーンズ自体が持つポテンシャルの高さが感じられるエピソードです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも随時呟いていますので

よろしければフォローしてみて下さい。




※注
ここで述べられている内容は書き手の所属する組織・団体の主張を
代表・代弁するものではなくあくまでも筆者一「個人」としてのものです。

このエントリを書いた人
山田耕史

ファッションアナリスト
詳しいプロフィールはこちら
 

2016年7月21日木曜日

ヨレない、毛玉にならない。Tシャツでお薦めのキッズ低価格ブランド。



【このエントリのポイント】H&M最強!

こんにちは。

子育てブログもやっている

ファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。



子育て中のお父さん、お母さん。子育て楽しんでますか?

子育ての悩みのひとつが服ではないでしょうか。

子供はすぐに服を汚してしまうので

一着あたりの洗濯の回数は大人の比ではありません。

我が家では子供服をファストファッションブランドや低価格SPAで

買うことが多いのですが、

ブランドによってクオリティの差が大きくあることに最近気づきました。

洗濯物をたたんでいると、

「あれ、このTシャツは買ってからかなり経つのに

毛玉もできないしヨレもないなー」

と思うものがある反面、

「この前買ったばかりなのにもう毛玉だらけ!」

なんてのもあります。

例えばこのあたり。





ブランド名は公表しませんが、

すぐに毛玉だらけになってしまいました。

まぁ安いから仕方ないのですが、

同じくらい安くても毛玉にならないブランドはあります。

今回は一番数を必要とするであろうTシャツにフォーカスして

おすすめブランドランキングトップ3をつくってみました。

あくまで我が家で購入した商品に対する私個人の感想ということをご理解下さい。


第3位 ユニクロ



やはりユニクロのクオリティーは高いです。

が、大人の服でも同様なのですがユニクロの服って

無機質というか、なんか味気ないんですよね。

精度の高いパーツが組み合わされてつくられた工業製品のような印象です。

自分が着るには別に気にならないんですけどね。

子供が着るとなると、なんかもうちょっとかわいらしいものの方がいいなーと思います。

画像のアンディウォーホルコラボはいい感じなんですが。

まぁでも素材のクオリティーはもとより、

デザインの質も最近はかなり上がっているので買って間違いはないでしょう。

第2位 GAP



GAP=アメカジというイメージですが、

ベビーやトドラーの女の子向けはかなり上品なイメージで

あまりアメカジ感はありません。

が、その分価格は高め。

我が家で購入するのは基本的に半額セールの時だけ。

まぁGAPはかなり頻繁にセールをしているので

あまり問題はないですけどね。


第1位 H&M

H&Mのキッズは本当に素晴らしいです。

ヨレない、毛玉にならない!



しっかりとした肉厚の素材が多いユニクロやGAPとは違い、

ヨーロッパのブランドらしい薄手で繊細な印象の素材が中心。

一見弱々しげで多くの洗濯には耐えられそうにありませんが、

そんなことは全くありません。

良いのは素材だけではありません。

先日購入したショートパンツには低価格にも関わらず、



ウェストにアジャスターが装備されていました。



このコストパフォーマンスの高さは素晴らしいです。

そしてH&Mの良さは何と言ってもデザイン!



このTシャツのように適度にファッショナブルなデザインのアイテムは

キッズではなかなか見つかりません。

うちの子供もこのTシャツを店頭で見つけ、可愛いと大騒ぎしていました。

…と、キッズはこれだけ素晴らしいんだから

大人、特にメンズのクオリティーはもうちょっと頑張って欲しいなーと思います。


次点としてGAP傘下のOLD NAVYもベーシックなデザインが多く愛用していたのですが

先日全店撤退が報道されました。残念です。

こーゆーシンプルなキッズってなかなか見つかれないから良かったんですけどねぇ。




最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも随時呟いていますので

よろしければフォローしてみて下さい。






※注
ここで述べられている内容は書き手の所属する組織・団体の主張を
代表・代弁するものではなくあくまでも筆者一「個人」としてのものです。

このエントリを書いた人
山田耕史

ファッションアナリスト
詳しいプロフィールはこちら
 

2016年6月29日水曜日

Amazonのレビューは最強の「セレクト」。



【このエントリのポイント】Amazonのレビューは数が増えると圧倒的なパワーを持つ。

こんにちは。

Evernote値上げが悲しい

ファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。


・掃除機選びのポイントにしたのは


先日オフィスで使っている掃除機が壊れたので

新しいのを買っておいてくれと頼まれました。

特に条件はなかったのですが、

低価格で高性能のものが良いに決まっています。

とりあえずAmazonであたりをつけよう、と思い

Amazonで掃除機を検索してみるとトップに表示されたのが

こちらの商品。



ベストセラー1位ってのも惹かれるポイントですが、

なにより強力だったのがこちら。



2000件オーバーのカスタマーレビューで星4.4。

もうこれを見ただけで

「この商品なら安心だな」

と思ってしまいます。

私はこれを見てすぐ購入しました。

届いた商品にはもちろん満足しています。

・量による信頼感


多くの人はAmazonで買い物する時にレビューに目を通すでしょう。

ですが、例えばレビューの数が10くらいならなかなか信頼には値しません。

見ず知らずの他人のレビューなんか信じられるか、という人も少なくないでしょう。

ですが、2000件を超える量となるとさすがに信頼せざるを得ないと思います。

2000人を超える人が「まぁ良い」と感じている商品です。

まず間違いはないと思うでしょう。

以前Amazonがファッションに注力するという報道がありましたが、

山田耕史のファッションブログ: ユニクロ最大のライバル出現?アマゾンがファッション部門を増強中。

圧倒的なユーザー数を誇るAmazonがベーシックな衣料を展開し、

それに圧倒的数のレビューが付いていたらその商品の信頼感は計り知れないと思います。

例えば普通のオックスフォードシャツに1000レビューで星4.5、

みたいな感じだと購入のハードルはとてつもなく下がるでしょう。

いわば圧倒的な数のユーザーがバイヤーのセレクトショップみたいなものです。

レビューは今やたいていの大手ECサイトで導入されていますが、

Amazonほどレビューが賑わっているサイトはなかなかありません。

今後ファッションを増強するAmazonがこのレビューをどう活用していくのか。

目が離せません。


最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも随時呟いていますので

よろしければフォローしてみて下さい。




※注
ここで述べられている内容は書き手の所属する組織・団体の主張を
代表・代弁するものではなくあくまでも筆者一「個人」としてのものです。

このエントリを書いた人
山田耕史

ファッションアナリスト
詳しいプロフィールはこちら
 

2016年6月22日水曜日

服選びはもっとスペック重視になっていくのでは。



【このエントリのポイント】今まで服のスペックが軽視されすぎていた。

こんにちは。

子供の頃はカードダスに記載されていたモビルスーツの全高や重量を自然に暗記していた

ファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。




・久し振りに着たエアリズム


私は基本的に無印良品の下着を愛用しているのですが、

今朝服を着替える時に、以前買って殆ど着ていないユニクロのエアリズムの下着に

目が行ったので何の気なしに着てみることにしました。

久し振りにエアリズムを着てみると生地のスペック(性能)の高さ、

特に軽さと着心地の柔らかさ、そして生地の薄さに驚きました。

そこで気がついたのは

「今後服選びにおいてスペックが重要になってくるのではないか」

という事です。

・メンズではファッション性はそれほど重視されない


レディスに比べ、メンズファッションはデザインの制約が多いので

必然的にどこのブランド、ショップもほぼ同じアイテムの品揃えになってきます。

この季節のカジュアルウェアならシャツ、ポロシャツ、Tシャツ、

チノパンツ、ジーンズ、ショートパンツがあればまぁ事は足りるでしょう。

そのような少ないアイテム数の中で各ブランドは

素材やプリント、ディテールなどのファッション性で差別化を図ってきました。

ですが、そのファッション性を重視する人が今、どれくらいいるのでしょう?

少数の愛好家はいるでしょうが、

世の男性は「普通に着られたらいい」

「TPOに合わせた恥ずかしくない服ならそれでいい」

というように、ファッション性に対しては

消極的な姿勢の人が多いのではないかと感じています。

・男はスペックが好き


では、そんな男性を惹きつけるものはあるのか。

私は「スペック」だと思います。

インターネットを眺めてみると多くの男性がスペックについて

語り、論じ、喧嘩までしています。

自動車や家電などの工業製品からガンダムのモビルスーツといった

物語中の架空のものまでがその対象になります。

ファッションアイテムについても同様で

ディテールひとつで価格が大幅に上下する

ジーンズやミリタリーなどのヴィンテージアイテムや

ハイテク素材を用いたアウトドアウェアなど、

ファッション性ではなくスペックを軸に語られるファッションアイテムは

少なくありません。

・服選びの軸がスペックに


私は下着を中心にシャツやTシャツ、ジーンズといった

デイリーなカジュアルウェアもいずれはスペックを軸に選ぶようになると考えています。

一部そのような比較をウリにした雑誌はありますが、

現状のファッションインターネット通販ではなかなか伝えきれていません。

もともとインターネットはそのようなスペックを表現するのに

適したメディアだと思います。

価格コムの家電ように服のスペックが並んでいてそこから

重量、ストレッチ性能、生地の薄さといった項目を基準に服を選ぶ、なんてサイトが

そのうち登場するのではないかと思います。

というか登場して欲しいです。

ベーシックなオックスフォードシャツなんかが

スペックで選べたら素敵だなーと思います。



最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも随時呟いていますので

よろしければフォローしてみて下さい。




※注
ここで述べられている内容は書き手の所属する組織・団体の主張を
代表・代弁するものではなくあくまでも筆者一「個人」としてのものです。

このエントリを書いた人
山田耕史

ファッションアナリスト
詳しいプロフィールはこちら
 

2016年6月16日木曜日

ファッションの価値ってなんなんでしょうね。



【このエントリのポイント】超エッジィなオシャレ好きと中学生のファッションがカブるのってどうなんでしょう?

こんにちは。

ワークブランドにハマっている

ファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。

安くて丈夫な点が良いです。



Gosha Rubchinskiyというブランドがあります。

Dover Street MarketRESTIRなど、

名だたるエッジィなセレクトショップで扱われている

新進気鋭のデザイナーブランドです。

先日発表されたGosha Rubchinskiyの2017SSコレクション。

Gosha Rubchinskiy 2017 Spring/Summer Collection | HYPEBEAST

その中で私が興味を持ったのがこちらのルックです。


http://hypebeast.com/2016/6/gosha-rubchinskiy-2017-spring-summer-collection

FILAのパーカー。

FALAのロゴの下にブランドロゴが入っていますが、

それ以外は普通のパーカーに見えます。

まるでWEGOにも売っているかのような…

実際売っています。

FILAバイカラープルオーバー(001109254) | ウィゴー(WEGO) - MAGASEEK

プルオーバーですが。

お値段3,598円なり。



一方のGosha Rubchinskiyは前掲のDover Street Marketを見ると

最低でも2万円くらいはするのではないでしょうか。

もちろんデザインはほぼ同じでもシルエットや素材、縫製などが違うのでしょうし、

ブランドロゴも重要な要素でしょう。

Gosha Rubchinskiyを着るようなファッションに強い関心のある人が

そこに価値を見出すことに理解は出来ます。

が。

WEGOの顧客層は主に中高生。

Gosha RubchinskiyのFILAを買う人は街中でほぼ同じデザインの服を着た

中学生とすれ違う可能性があることをどう考えているんでしょう?

そしてもしすれ違った場合、何を感じるのでしょう?

また、Gosha Rubchinskiyのデザイナー自身は

そんなシチュエーションが起こりうることを想定しているのでしょうか?

など、つまらないことをいろいろ考えてしまいました。


最近トレンドのスポーツブランドのファッション感度やエイジを超えた

「ブランド被り」に関しては以前当ブログでネタにしたことがあります。

山田耕史のファッションブログ: 小学生のスニーカーで感じたライセンスビジネスの難しさ。

これを書いたのはもう2年も前になりますが、

この時に自分が体験したような事態が日本中で起こっているのではないかと思います。


関係ありませんが、

Gosha Rubchinskiyのコレクションの中でテンションが上がったのがこちら。


http://hypebeast.com/2016/6/gosha-rubchinskiy-2017-spring-summer-collection

セルジオタッキーニ!

世間的には「ああ、そんなスポーツブランドもあったっけ」くらいの

印象しかないかもしれませんが、

私的には高校時代に好きだったテニスプレーヤー、ゴラン・イヴァニセヴィッチが

着用していた憧れのブランドです。

当時親を説得して部活用にセルジオタッキーニのウィンドブレイカーを買ってもらったりしました。

(そういや当時使っていたリストバンドはFILAでした)

もしかしたらセルジオタッキーニがWEGOとかに並ぶようになるかも?

そうなったらロゴTくらいは買ってみたいですね。


最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも随時呟いていますので

よろしければフォローしてみて下さい。






※注
ここで述べられている内容は書き手の所属する組織・団体の主張を
代表・代弁するものではなくあくまでも筆者一「個人」としてのものです。

このエントリを書いた人
山田耕史

ファッションアナリスト
詳しいプロフィールはこちら
 

2016年6月10日金曜日

こんなスタイリストbotがあればヘビーユーザーになる。



【このエントリのポイント】ファッションのことならなんでも答えてくれるbotが欲しい。

こんにちは。

やっぱり昨日散髪に行けばよかったと思っている

ファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。


先日こんな記事を目にしました。

“男性向け”ファッションレンタル「leeap」の実力は?--30歳・体験レポート - CNET Japan

最近増えてきているファッションレンタルサービスのレポートなんですが、

私が面白いと思ったのはユーザーとスタイリストとのLINEトーク画面。


出典:http://japan.cnet.com/image/l/storage/35083729/storage/2016/06/03/846650bf80730bc38a00b7f9951c7818/160604_news_0006.jpg

コーディネート決定のための情報をスタイリストがユーザーから聞き出しているのですが、

私はこれを見て「スタイリストbotが欲しい!」

と思いました。

・TPOにマッチしたコーディネート提案


botにも色々あるでしょうが、

まずはTPOに合わせたファッションのデータを網羅して欲しいです。

例えば

「再来週の日曜日に横浜のホテルで学生時代の友達の結婚式があるんだけど何を着ればいい?」

みたいな質問に答えれくれたらなぁと思います。

ドレスコードに厳密に従うとなると、

会場や相手の関係性なども考慮に入れなくてはならないそうなので

(まぁそんなことどうでもいいじゃないかとも思ったりしますが)、

そういったことも考慮に入れたコーディネートを提案してくれると助かりますね。

加えてその場所の過去の天気なども考慮に入れてアウターのありなしなんかを

教えてくれたりするといいですね。

・デート相手に好感を持たれるファッションを提案?


そのうちトレンドも反映されるようになって

「22歳の大学生と中目黒のカフェでデートだけど何を着ればいい?」

なんて質問には場所と相手の年齢ににマッチした

旬なコーディネートを提案してくれるとか。

こういったことが実現するのってそんなに遠い未来ではないと思うんですが。

勉強も兼ねて自分で作ってしまうってのもありですねぇ。

プログラミング経験ありませんが、botの勉強してみましょうかねぇ。


最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも随時呟いていますので

よろしければフォローしてみて下さい。






※注
ここで述べられている内容は書き手の所属する組織・団体の主張を
代表・代弁するものではなくあくまでも筆者一「個人」としてのものです。

このエントリを書いた人
山田耕史

ファッションアナリスト
詳しいプロフィールはこちら